デジタルカメラ情報サイト

TECHART、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプターを発表(デジカメWatch)

20160212_02

ソニーα7 II/α7R II用 「世界初」のMFレンズをAF動作させるマウントアダプター レンズ鏡筒を前後させ、フォーカシング(伸縮の幅は4.5mm) 700gのレンズまで駆動可能…

詳細を見る

星景・天体写真編:星降る夜の美しさを再現、見事な解像力–シャープな超望遠システム「PROMINAR 500mm F5.6 FL」も登場(デジカメWatch)

20160212_01

【コーワPROMINARレンズ リレーレビュー】 3本とも良好な画質・操作性。周辺光量にも余裕が 細身で軽量な超望遠レンズ。どの焦点距離もシャープでくっきり 難しい被写体をハイレベルに再現 by 飯島裕…

詳細を見る

デジタルならではの絵作りコントロールを楽しむ–OLYMPUS PEN-F(デジカメWatch)

00_s

【新製品レビュー(実写編)】 有効2,030万画素にアップ。高精細記録の「50Mハイレゾショット」も 「プロファイルコントロール」を使いこなす まずプリセットから試してみる 単焦点レンズで軽快に楽しみたい1台 by 藤井智弘…

詳細を見る

新フジノンレンズの実力やいかに!–FUJIFILM X70(デジカメWatch)

20160210_05

【新製品レビュー(実写編)】 遠景で描写チェック ISO感度 フィルムシミュレーションの顔ぶれ スナップから作品づくりまで by 澤村徹…

詳細を見る

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDをいち早く使ってみた中井精也さん(鉄道写真家)に聞く(デジカメWatch)

20160210_04

【特別インタビュー】 HDDに代わるバックアップの救世主!海外ロケで助かった点とは? 小型軽量でかさばらない ポーチにも入る薄さがお気に入り 圧倒的に高速 面倒な作業が格段に早くなった 防滴タイプにも期待大 by 曽根原昇…

詳細を見る

マイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明(デジカメWatch)

20160210_03

旧三洋電機のカメラ事業会社が独立しデジタルカメラのOEMなどを手がける「ザクティ」、映像制作機器の開発や販売を手がける「ナックイメージテクノロジー」、中国の無人空撮機メーカー「Autel」、中国でカメラアプリなどを手がける「Meitu」、ド…

詳細を見る

ネコ撮り最強!? 抜群のコスパを誇る4Kカメラ、パナソニック「DMC-TZ85」(AV Watch)

20160210_02

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!:第743回】 あれ? これはもしかして! ツボを押さえたデザインとスペック 確かに4Kではあるが… 多彩な機能を搭載…

詳細を見る

うねる多脚でイカのようにカメラをホールド「Splat Flexible Tripod」(ケータイWatch)

20160210_01

【本日の一品】 by 藤縄優佑…

詳細を見る

キヤノン「EF35mm F1.4L II」、新技術を凝縮した5000万画素時代の高画質レンズ(日経トレンディネット)

11_px400

【鹿野貴司の「実写で味わう最新レンズ】 5060万画素センサーに繊細で緻密な像を結ぶ光学系 常用レンズだからこそ最高のぜいたくを!?…

詳細を見る

蘇る伝説のロシアレンズ…Lomography「New Jupiter-3+」(デジカメWatch)

20160209_03

【特別企画】 見よ、オリジナルに迫るこのボケ味とにじみを! すごいぞ、Lomography+ZENIT! 語らねばなるまい。Sonnar 50mm F1.5とJupiter-3のことを より使いやすく レトロな写りを楽しみたい …

詳細を見る

5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)

20160209_02

PEN風デザインを継承 アートフィルターは全13種類に増える…

詳細を見る

15m防水の「OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough」(デジカメWatch)

20160209_01

6種類の新アートフィルターを追加…

詳細を見る

予想外の登場に沸くニコン「D500」、5つの注目点と誕生のきっかけ(日経トレンディネット)

01_px250

フルサイズ機のフラッグシップ「D5」と同じ感覚で操れるAPS-C機 【注目点その1】ワイド&ローの存在感のある金属製ボディー、握りやすさも評価 【注目点その2】オートフォーカスのセンサーはD5と同じ、端でもピントが合う 【注目点その3…

詳細を見る

ニコン「D3300」、「ダブルズームキット2」と「ダブルズームキット」がそろってランクイン(ITmediaデジカメプラス)

hi_d3300_r

【デジタルカメラ総合販売ランキング(1月25日~1月31日)】 by 佐々木千之,ITmedia…

詳細を見る

硬派かつフレンドリーな広角コンパクト–FUJIFILM X70(デジカメWatch)

20160208_01

【レビュー・使いこなし(外観・機能編)】 定評ある心臓部に、新設計のレンズ 絞りリング+コントロールリングを装備 by 澤村徹…

詳細を見る

プロも認める、Xシリーズ史上最高の描写を実現した「FUJIFILM X-Pro2」(ITmediaデジカメプラス)

tb_xpro2_01

XF56mmF1.2 Rとの組み合わせがいい by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

OLYMPUS PEN-Fの先行展示会レポート(デジカメWatch)

001_s (1)

赤城耕一氏と曽根原昇氏のトークショーも トークショーは満員に by 武石修@デジカメWatch…

詳細を見る

人に見られても……まずは伸びをして対応を考える猫たち(ASCII.jp)

P1270428_588x

【荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”:第443回】 周りの猫がざわついている中、一匹だけこっち向かってくる猫…

詳細を見る

広島県~愛媛県 しまなみ海道自転車旅(デジカメWatch)

2016.02.08

29件

s01_s

【むらいさちの、旅フォトエッセイ さち☆たび:Vol.12】 自転車でしまなみ海道を渡ろう!…

詳細を見る

超広角なのにボケを楽しめる贅沢レンズ–SUMMILUX-M F1.4/21mm ASPH.(デジカメWatch)

20160205_02

【ライカレンズの美学】 by 河田一規…

詳細を見る

FUJIFILM X-Pro2が発売延期。3月上旬に(デジカメWatch)

20160205_01

「2月18日」から「3月上旬」に延期 理由は「生産の遅延」および「世界中から想定以上の受注があったことから、十分な供給量を確保するため」…

詳細を見る

トキナー AT-X 14-20 F2 PRO DX、ニコン用が前倒しで発売(デジカメWatch)

01_s (1)

全域F2の超広角ズームレンズ「CP+2016より前に発売したかった」…

詳細を見る

リニューアルした定番三脚を試す!–マンフロット「MK290DUA3-3W」(デジカメWatch)

001_s

【デジカメアイテム丼】 簡単にセットできる可倒式センターポール 工夫が凝らされた雲台に注目 使い勝手は? ギミックに目が行きがちだが基本性能は高い by ブリリアント山崎…

詳細を見る

憧れのフルサイズ大口径ズームが手の届く価格で登場–トキナー「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」(ITmediaデジカメプラス)

tb_atx_01

【交換レンズ百景】 ぜいたくなレンズ構成がもらたす高解像な描写力 おなじみワンタッチフォーカスクラッチ機構を採用 by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

クラシカルデザインに最新の絵作り機能–OLYMPUS PEN-F(デジカメWatch)

20160204_03

【新製品レビュー(外観・機能編)】 カメラらしさを味わえる操作系 PENシリーズ初の内蔵EVF オリンパス初の2,000万画素機。ハイレゾショットは50Mに PEN-Fを楽しむキーポイント「クリエイティブダイヤル」 by 藤井智弘…

詳細を見る

ニコン「D500」が発売延期。4月下旬に(デジカメWatch)

20160204_02

発表当初の「3月発売」から延期 理由は「発売に必要な台数をご用意できないため」…

詳細を見る

ソニー、海外で「α6300」と「G-Masterレンズ」を発表(フォトスク)

1416

「α6300」は2400万画素のAPS-CサイズCMOSセンサー搭載 レンズは「FE 24-70mm F2.8 GM」「FE 85mm F1.4 GM」「FE 70-200mm F2.8 GM」の3本 (コメントで情報提供いだきました。…

詳細を見る

ソニーの超高感度一眼「α7S II」、暗いズームレンズでもきれいに撮れる!(日経トレンディネット)

thumb_400_01_px400

【三井公一の最新デジカメ撮って出し】 夜の街が暗い高倍率ズームレンズで撮れる 低感度の描写も不満のない仕上がり…

詳細を見る

プロカメラマンを魅了!?—「EOS-1D X Mark II」フォトレポート(ASCII.jp)

top_588x

一見すると変化のない外観。しかし細かい変更部分が…… AFが大きく進化 レンズに合わせて本体だけでRAW画像を補正 by 周防克弥…

詳細を見る

カメラファンを魅了する、質感の高いPEN–PEN-F(ITmedia デジカメプラス)

20160203_03

ファインダーをのぞいて撮りたくなる新デザイン 2030万画素のセンサーでハイレゾショット付き 新設されたクリエイティブダイヤルは意外に使える by 荻窪圭,ITmedia…

詳細を見る

最近のコメント

  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 16:42)
    →廃止されたり黒歴史ですら美化する技法は、 オリンパスの独壇場ですわ。 節操なしとも言う。 ただ、潰れない為には 仕方ない事情があったんだろうて。
  • User AvatarネガティブD800ユーザー5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 14:45)
    →まあ、ヤシカコンタックスという偉大な先駆者もいるからねえ。 車業界だと日産のスカイラインやトヨタのハチロク、三菱のRVRとかも元ネタ無視の名前だけのモデルだね。
  • User AvatarネガティブD800ユーザー5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 14:38)
    →M-KEYさんの比較表、読み込んでみるとなるほど良く出来てるなあ。 匿名さんのOM707とT80のくだり、膝を叩かずにいられない。 T80より後に出たT90の相手がOM707より先に出てるOM4というのも面白い。 キヤノンもAFの波にはむしろ乗り遅れた組だからね。 該当機なしのOM3には…いちおうF-1を当てておいてあげてもいいかもよ。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 13:40)
    →やって欲しいことは、みんなパナソニックが先行しちゃうんだよね。 マイクロ4/3自体もそうだが。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 13:39)
    →>OMにもいろいろあるのですが、私の印象は >OM707:T80 M-KEYにしては珍しく、正しい書き方。 このままマウント維持することが出来ないことを明らかにした機種という意味で。 OM全体とkissを比較しようなどというドンブリ書き込みよりずっとまし。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 13:01)
    →どうでもいいから、誰かキヤノンT80のこと、語ってくれない? FDの唯一のAF。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 12:39)
    →廃止に追い込まれた名前でも、 時間が経てば再利用できる、 という商売手法を編み出したわけだ。 オリンパスあっぱれ。
  • User AvatarネガティブD800ユーザー5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 12:26)
    →>M-KEYさんの上の匿名さん 主旨がねじ曲がってるよ~。( ̄▽ ̄;) それともわざと?(笑) 最初の匿名さんは「キヤノンというメーカー」を引き合いに出したかったんじゃなくて、「フィルム時代とセンサーサイズ(厳密にはフォーマット)が違うのに同じブランドを名乗るのはおかしいという理屈でPENやOMは叩かれてる。同じ流れのKissは叩かれていないのに」と書いてたのよ。 しかしあれだな、新旧OMと新旧Kissとを比較して改めて考えると、ブランド名を継承する際世間に納得してもらえる条件としては「新旧でフォーマットが同じ」ではなく、「出自や立ち位置において新旧間の繋がりが明確なこと」だということなのかな。 オリを叩く人は、センサーサイズよりもむしろそっちに重きを置いて叩いてるんじゃない?
  • User Avatarキヤノン「EF35mm F1.4L II」、新技術を凝縮した5000万画素時代の高画質レンズ(日経トレンディネット)へのコメント(02/13 12:10)
    →ケーブルで音が変わるのは確かで、耳でもわかることがある。ただし価格には全く比例しないし、周辺機器のセッティングによっても評価が変わり、一般性や再現性がない。写真の等倍比較みたいなこともできないので優劣ははっきりしない。ハイエンドケーブルはそこを狙った商売で、買うのは博打に近いけれど、高いケーブルにしとけばなんとなく音がよく感じる、という心理はある。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 11:29)
    →M-KEY氏と同じだが、AF化において一定の成果が出たとしても、OMマウントはデジタルに上手くバトンタッチ出来なかった気がするな。 マウント引きずってもその後ニコン、キヤノンのような強者連合にはなれなかっただろうし、さりとてミノルタやペンタのような浮き草な生き方もオリには無理だっただろう。 それでもゴリ押しするしかない状況になってたら、それはそれで今頃はいろんな意味で窮地に立ってる気がする。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 10:18)
    →歴史に「もし」はありませんが、 仮にOMがAF化に成功していたとしても そのままデジタル化はしなかったような気がします。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 10:07)
    →>論理的に比較するなら、OMと比較すべきキヤノンカメラはkissじゃなくFDのTシリーズでしょう。 OMにもいろいろあるのですが、私の印象は OM-1:FTb OM-2:EF OM-1N:該当無し、無理に例えるなら輸出用のAT-1 OM-2N:A-1 OM10:AE-1/AV-1 OM20:AE-1P OM30:AL-1 OM-4:T90 OM-2SP:該当無し 0M-3:該当無し OM40:T70 OM707:T80 OM101:該当無し OM2000:T60(輸出用) なんですが、発売年や価格等で無理がありますね。
  • User AvatarM-KEYマイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明(デジカメWatch)へのコメント(02/13 09:44)
    →個人の発言と校正を経たであろうメーカーやメディアの発言は違います。
  • User Avatarマイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明(デジカメWatch)へのコメント(02/13 09:28)
    →>スチルの未来はな進歩ない 成熟した、と普通は言います。日本語を知らないんですね。 M-KEYも一眼呼称にクレームしてもこういう部分は何も言わない。 >スチルの未来はな進歩ない 無記名の有象無象が、誰に対して、何に対して不満をぶつけてるのか、読めませんね。 >未来はな 意図的に誤字を入れるM-KEY一派ですか?
  • User AvatarTECHART、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプターを発表(デジカメWatch)へのコメント(02/13 09:07)
    →ペンタックスにもあったね。 http://bbs.kakaku.com/bbs/10504510403/
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 08:01)
    →論理的に比較するなら、OMと比較すべきキヤノンカメラはkissじゃなくFDのTシリーズでしょう。 おっと、デジカメジンではタブーでしたね。みんなわかりながら書いてるんですよね。 2016年2月13日 7:58 総アクセス数66157214 現在の閲覧者数3人
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 02:41)
    →興味深い話がいっぱい出ているけれど、 80年代、もしもオリンパスが他社並みにAF対応を果たしていたら・・・ ふと考えてしまった。 正真正銘の由緒正しいOM-Dが出ていても不思議でないと。 歴史の転換点て、後から見ると怖いものだね。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 02:10)
    →>なぜオリンパスだけが断念せざるを得なかったの? OM707、そしてOM101が売れなかったからでしょう。 当時のオリンパスの開発陣は、AF機と3ケタナンバーにした点と AF(PF)レンズ群にZUIKO銘を入れなかった点AF機をMF機よりも 下に見ていたフシがあります。 もちろん、他社と同様に自前のフォーカスセンサーの開発は していたでしょうが、OM101のタイミングには間に合わず 当時はまだ発展途上でフォーカシングリングさえないどころか 地獄嵌めになるAFレンズシステムをリニューアルするよりも レンズ一体型とした方が合理的だと判断したと想像します。 1990年代前半、たしかに新製品の品数ではAF一眼レフが多かったですが 実際には、まだまだAFに絶対的な信頼をおいている人は少数派で キヤノン(New)F-1やニコンF3が販売されていました。 (今のミラーレス機に似たような状態?) AFがプロの間で本格的に使われるようになるのはEOS-1NやF5からで 入れ替わるように販売終了したNewFDシステムは騒ぎになりました。 OM視点では「放置」ですが、限られたリソースをレンズ一体型や デジタルカメラに振った当時のオリンパスの判断は正しかったと思います。 デジタルカメラ黎明期にリーディングになり(これがxDに繋がるわけですが) 現時点でカメラ事業から撤退せずに続けられている点でも明らかでしょう。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 01:26)
    →私は昔の話は知りませんが、 E-7を待っていたので、 出す出す詐欺に遭ったような気にはなりましたね。 さんざん匂わせて、最後には統合ですから。。。 ここで、昔からそういう土壌があったのを知り、 仕方ないのかな…という気になりました。 時代は繰り返す、ですから。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:58)
    →何でずっとけんか腰なんだろうか? 擁護するわけじゃないが、M-KEYの話の方が具体例もあってわかりやすいけどね。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:43)
    →ハネウェル問題ってのは、ほとんどαがやり玉に挙げられて進んだもので、 その他のメーカーは、後から芋づる式についてきたもの。 そんな中、なぜオリンパスだけが断念せざるを得なかったの? チン説もほどほどにせい! >OM707以降もAF一眼レフを出すつもりだったがフォーカスセンサーが入手できないので 他社だって同様だったのではないの? 独自センサーだったキヤノン以外、例えばニコンやペンタは じゃあどうやってセンサーを入手したんだ? どうしてオリンパスには出来なかった? >オリンパスのAF一眼レフからの撤退は、それほど問題視されませんでした。 ユーザー自身にとっては、まさかの梯子外しだったし、 誌上だってOM101の謎みたいな記事があったろ。 そして従来ユーザーの多くは、まだOM-5とか従来路線で続いていくものと 思っていたのも事実。 ところが放置プレーに走った。 これを問題視しなくて済むのは当時を知らない若造か、 オリンパスに最初から期待なんてしていないにわか。 >1990年代前半は >まだAF一眼レフが主流ではなく いえいえ。もうカメラ売り場はAF機がメインだったが? いい加減なことばかり書くなってほんと。 αに関しては、もう第三世代に入っていたころだぜ? 時代感覚が滅茶苦茶。
  • User AvatarM-KEY5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:23)
    →フォーカスエイドのOM-30をそのままAF化せずに、 何故中途半端なマウント変更でOM707を出し、 次機種では、パワーフォーカスのという謎のOM101なのか? 気になったので調べてみました。 OM-30やOM707のフォーカスセンサーはハネウエル製ですね。 たしかに訴訟が決着して各社が賠償金を払ったのは1990年代ですが 訴訟そのものは1987年に起こしており、その影響でオリンパスが フォーカスセンサーを調達できなくなった可能性はあります。 オリンパスとしては、OM707以降もAF一眼レフを出すつもりだったが フォーカスセンサーが入手できないので、仕方なくパワーフォーカスの OM101を出したが、そこでOMのAF化を諦めたとすると納得です。 そうしてOMのAFは終わった訳ですが、1990年代前半は まだAF一眼レフが主流ではなく、オリンパスのAF一眼レフからの撤退は、 それほど問題視されませんでした。 その後、レンズ一体型のLシリーズに舵を切って、それがE-10/20を経て フォーサーズにつながっていく訳です。 で、ハネウエルセンサーを使った機種にニコンF501がありますが そのAFはα7000と比べると、見劣りするモノだったので OM707の方がAF性能が上だったとしても驚きません。 (そういう証言はネット上にいくつかあります) 2002年にOMシステムの廃止が正式に発表されましたが、 徐々にフェードアウトしての廃止ですし、 一応は純正のマウントアダブターで受け皿は用意されていました。 でもヤシコンはメーカーの撤退で、そのタイミングはGやN、645など ラインナップが拡大していく中での寝耳に水で、難民の数はともかく...
  • User Avatar匿名TECHART、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプターを発表(デジカメWatch)へのコメント(02/13 00:08)
    →多分ソニーのボディーは700gないと思われるので、レンズの方を固定すればレンズの重さには制限なくなりますね。
  • User Avatarマイクロフォーサーズ規格に5社が賛同を表明(デジカメWatch)へのコメント(02/12 23:23)
    →え???パナがキヤノンと水面下で提携してたってこと??? 大型センサー機はキヤノンと協業していくということだろうか。 どういう形態での協業かによるが、動画と静止画の垣根が低くなっていく今後、 かなり気になる存在に見えてきたぞ! m4/3ユーザーにとっては裏切り? いや、限界が見えていた規格に執着しても仕方ないし、 パナの英断を歓迎しましょう。
  • User Avatar星景・天体写真編:星降る夜の美しさを再現、見事な解像力--シャープな超望遠システム「PROMINAR 500mm F5.6 FL」も登場(デジカメWatch)へのコメント(02/12 23:20)
    →んー、何か感動した。特にISSの写真。
  • User Avatarたで5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/12 23:10)
    →いや、まぁ、どうしても、これをいい続けたいんだろうから、ま、頑張ってね。 OM使っていたし、自分も恨みを抱えそうなものなのに、全然そう思わない (笑) 放置で悔しいとも思わなかった。自分が100%機材を使い倒して不満を持つなら 恨みもあり得ただろうけど、MFで事足りたし嫉妬するほどのAF性能じゃなかった。 今でもM-1とOM-3 持ってるよ。L-3も持ってたりする。よく写るいいカメラだよ。 で、何故、あまり感じないのか考えてみた。要するに、自分の仕事に使えるカメラ を求めていて、当時のだって銀塩で頑張れるだけ頑張ってからニコンDを買い足した。 今だってOMの名前に惹かれて使っているんじゃなく、使えるからOM-Dを使ってる。 正直、名前だとかフォーマットだけで蔑む人は損するよね、心が自由になれない分。 まぁ、強く生きてください。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/12 22:58)
    →正直昔オリンパスがOMシステムを放置したとか、今のミラーレスにOM-DとかPENという名前をつけるのがいかがなものか、とかどうでもいいわ、そんなの。 今のカメラがよければ使えばいいし、イヤなら使うな。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/12 22:19)
    →>OMの開店休業はニコンのMFみたいなもので どこをどう見たらそうなるの? OMシステム丸ごと放置したオリンパスと、 着実にAFシステムを進化させ、MFにも配慮したレンズを準備していたニコン。 >OM707のAFはF501よりは出来が良かったが必要以上の自動化で、 それは初耳だし、自動化しすぎたなら次作で直せば良いだけだろ? 低迷していたミノルタが、αで起死回生のトップ奪取が成し得た時代。 オリンパスにだけチャンスが無かったとでも言うのか? >従来のMFレンズと事実上は互換性が無いという部分が問題だった。 違うよ。AFレンズを従来ボディに付けると外せなくなってしまう、 という致命的なミスが最大の問題だったのだよ。 >OM707の不人気よりもハネウエル訴訟が影響してのAF撤退だが 君の頭の中で勝手に夢見るのは自由だけど、捏造しちゃいかんよ。 あまりのメチャクチャ加減に黙っておれなかったわ。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/12 21:59)
    →ツンデレというか既にヤンデレだね。 しかもデレない。
  • User Avatarnroff(元OM-3ユーザー OM-2SPやOM-1も)5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/12 21:40)
    →わたしも初めての一眼レフがOM-1だったので、ここで嘆いているみなさんの気持ちはわかるつもりです。 デジタルのPENやOM-Dが初めて出た時もすごくイヤでしたが、最近はさほどそのように感じなくなりました。 なんだかんだで最新機はたいへんこなれており(特にE-M5m2)、普通に気になる機種になったのが理由です。 小型センサーのシステムカメラとして実用的なので「当時は当時、今は今」と捉えています。
  • User Avatar5軸手ブレ補正の24倍コンパクト「OLYMPUS STYLUS SH-3」(デジカメWatch)へのコメント(02/12 21:23)
    →「ベ、別にオリンパスなんて好きじゃないんだからねっ!」 というツンデレの、さらに歪んだ愛情表現ではなかろうか。

アーカイブ