デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2009

これまでの投票を見る   運営報告 戻る

2003年の結果 2004年の結果 2005年の結果 2006年の結果 2007年の結果 2008年の結果


【結果発表】

2009年12月29日から2010年1月8日にかけて全71サイトのウェブマスターから投票いただきました。皆さん、ご協力ありがとうございました。

総得点は1,375点。2009年に発売になった38機種に対して投票がありました。得票結果は以下の通りです。

順位 機種名 得点
デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2009
1位 K-7 225
 
2位 E-P1 173
3位 D3s 125
4位 DMC-GH1 111
5位 EOS 7D 84
6位 DMC-GF1 82
7位 K-x 81
8位 GXR 79
9位 M9 64
10位 DP2 40
11位 PowerShot S90 35
12位 D300s 31
12位 E-620 31
14位 E-P2 26
15位 PowerShot G11 20
15位 D5000 20
17位 α550 18
18位 FinePixF200EXR 16
19位 GR DIGITAL III 15
20位 FinePix REAL 3D W1 14

と言うわけで、『K-7』が『E-P1』との激戦を制して見事「デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2009」を獲得しました。

『K-7』は34人の、『E-P1』は27人のウェブマスターからの投票があり、どちらも各ウェブマスターからの強い支持があった事を裏付けました。

ペンタックスでは、他にも『K-x』が7位になる等、多くの支持を集め、2年目となるマイクロフォーサーズ機も『E-P1』以外に『DMC-GH1』と『DMC-GF1』が10位以内に入り存在感をアピールしました。

7回目となる本企画でペンタックスのカメラが1位を獲得したのは2006年の『K-10D』に続いて2機種目となります。(他は、キヤノン2回、コニカミノルタ1回、パナソニック1回、オリンパス1回)

各ウェブマスターの投票内容については、「投票結果」ページをご覧下さい。

今回の企画に対し、投票やバナーの設置を通して協力いただいたウェブマスターの方々に感謝します。7年目となる今回は、管理人の個人的な事情から開催が遅れてしまいましたが、皆様のご協力により前年を上回る参加者となりました。
ご協力いただいた方々には、本当に感謝しています。できれば、来年以降も続けて行きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

【要項】

デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2009は、インターネットでデジカメ関連のホームページを運営する人を対象に、2009年に新発売されたデジカメの中でもっとも価値があると評価した機種を選定するランキング企画です。

今年で7回目の開催となりました。

事務局の個人的な事情により開催が例年より遅く、募集期間も短くなってしまいましたが、出来るだけ多くのウェブマスターの皆さんの投票をお待ちしています。

この企画に賛同いただける方は、ご自分のページからここへリンクを張ってください。


【投票資格】
デジタルカメラに関するウェブサイトを運営している事。

デジタルカメラの情報やレビューを掲載しているサイトの他、デジタルカメラで撮った画像を掲載しているサイト等、デジタルカメラを使用しているサイト全般を対象とします。ただし、公序良俗に反する等、事務局が不適切と判断したサイトの投票は無効にする場合があります。

1つのサイトを複数で運営している場合は、1サイト1名の投票のみ有効となります。

【対象機種】
2009年に日本国内で新発売されたデジタルカメラ全てを対象とします。

携帯電話等デジタルカメラの機能を持つ複合機は対象外とします。

【投票方法】
対象機種より最大5機種までを選んで投票します。

・1人当たりの持ち点は20点です。
・1位に配分する得点は何点でもかまいませんが、必ず1位を1台選んで下さい(同点で2台を選ぶのは不可)
・配分する機種は5機種までとします。
・配点は原則として合計で20点になるように配分してください。
・配点が20点を超える場合、単独1位の機種を選ばなかった場合は投票が無効となります。
・配点が20点に満たない場合はすべての得点を有効とします。

【事務局】
デジカメジン」運営者utsunoが事務局となります。

【日程】
・投票:2009年12月29日(火)〜2010年1月8日(金)
・結果発表:2010年1月10日(土)

中間結果は、随時発表します。

【投票者情報】
投票者名(ハンドル名可)・サイト名・サイトURL・投票内容・投票コメントは、投票の透明性を維持するためすべて公開されます。
メールアドレスは、事務局からの連絡用のみに使用され、公開しません。