戻る

Allegretto M70(TOSHIBA)

発売 2000/03
撮像素子 1/1.8型 337万画素原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当 F2.0〜2.5
記憶媒体 スマートメディア(付属なし)
USB 有り
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 116×62×76mm
重量 360g(本体のみ)
価格 99,800円

○レンズを真ん中に配したコンパクトカメラ風デザイン
○明るい3倍ズームレンズ(キヤノン製)
○起動約3秒、撮影間隔1秒。動作も静か
○60秒までの動画も撮れる
○原色系らしいきれいな発色
○隠しモードでフルマニュアル操作が出来る
○プレイモードで画像の撮影情報を見ることが出来る
×オートフォーカースが働かない場面がけっこうある
×専用充電池の持続時間が短い
×露出補正の結果が液晶に反映されない
×フラッシュの光量が弱い
×シャッター優先にしてもそのシャッタースピードが反映されないことがある

最近の東芝製らしい手堅い作り。デザインはオーソドックスすぎると思うが、、、
どうも、2000年の春モデルの中で、この機種のみシャープ製のCCDを採用しているらしい。(フジを除くと他はソニー製)ソニー製のCCDより、飽和電力がやや大きい等画質面では上を行くという話だが、実際の画質はほぼ同等。