C-1(OLYMPUS)

発売 2001/03
撮像素子 1/3.2型 131万画素 原色CCD
レンズ 35mm相当 F2.8
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)
インターフェース USB(リムーバブルメディア方式),ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型TFT
記録画素数 1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×2(リチウム電池パック付属)
サイズ(W×D×H) 110×34×62mm
重量 165g(本体のみ)
付属品 8MBスマートメディア,USBケーブル,リチウム電池パック1本,
ビデオケーブル,ストラップ,CD-ROM(インフォメーションディスク)
価格 38,000円

○超軽量、コンパクト、低価格
○レンズバリアを開けるだけのシンプルな操作性
○2コマ/秒で4コマまでの連写が可能
○すぐに使えるオールインワンパッケージ
○防水・防塵プロテクタがオプションで設定されている
×ストロボの発光モードが電源オフでリセットされる

 長いことC-900ZoomとC-2000ZoomとC-21の3系列を改良したモデルで頑張っていたオリンパスから、久々に出た新シリーズ。ヒットしているIXY DIGITALやDSC-P1、FinePix4500に対抗した、軽量コンパクトなデジカメ。大きさと重さを比較すると

幅(cm) 奥行き(cm) 高さ(cm) 重量(g)
C-1 110 34 62 165
IXY DIGITAL 87 26.9 57 190
DSC-P1 113 43.8 53.9 208
FinePix4500 85.5 31 71 155
DC3800 95 33 61 165

サイズ的には、最小ではないが、重量は最軽量級。

 このサイズを実現するために、1/3.2型と小型のCCDを使った上に、レンズから入った光をミラーによってL字形に曲げてCCDへ導いている。そのため、ピント合わせの時にレンズが横に(!)移動する。使っていて違和感を感じるが、焦点距離の短いデジカメならではのアイディアと言える。

 35mm相当の広角レンズとレンズカバーを開けるだけの操作性から、常時持ち歩いてメモ代わりに使うには最適のデジカメと言えるが、ストロボの発光モードが保持できないのは、モデルの性格から見て残念。メモ代わりに使う場合、発光禁止を保持したい場合が多いと思うが、初心者向けの使い勝手を優先したのか?確かに、撮影することに関しては、非常に簡単。(レンズカバーを開閉するのみ)
 ボディの質感は、プラスティッキーであまり高級感はないが、レンズカバーやボタンの感触は、カッチリしておりそれ程安っぽさを感じない。ただ、ボタン操作に対するメニューの反応は、やや遅い。
 1/3.2型とかなり小型のCCDを使っているが、画素あたりのサイズは、1/2.7型211万画素よりは大きく、1/1.8型300万画素程度。
 原色CCDを採用していることもあり、発色は良いが、ミラーの影響か解像度が低く、ノイズも多い。さすがに、同サイズの35万画素に比べると情報量が多いが、130万画素と思うと裏切られる。実際には、以前の80万画素程度の実力。サービスサイズのプリントでも、解像度不足を感じる。
 プリントする事を考えず、ストロボの点が気にならなければ、防水・防塵プロテクタが用意されることもあり、様々な場面で使えそう。価格面でも、同種のデジカメより、約1万円安く、かなりお買い得。