戻る

C-1Zoom(OLYMPUS)

発売 2001/06
撮像素子 1/3.2型 131万画素 原色CCD
レンズ 38〜114mm相当 F2.4〜4.3
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)
インターフェース USB(ストレージクラス),ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型TFT
記録画素数 1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 単3×2(リチウム電池パック付属)
サイズ(W×D×H) 112×35×62mm
重量 185g(本体のみ)
付属品 8MBスマートメディア,USBケーブル,リチウム電池パック1本,
ビデオケーブル,ストラップ,CD-ROM(インフォメーションディスク)
価格 49,800円

○超軽量、コンパクト、低価格
○明るい3倍ズーム
○レンズバリアを開けるだけのシンプルな操作性
○すぐに使えるオールインワンパッケージ

 オリンパスの新コンパクト機C-1とほぼ同じサイズのボディに3倍ズームレンズを搭載したモデル。単焦点でも小型軽量だったC-1だが、3倍ズーム機としては最小最軽量レベルと言える。
 もっとも、これまで一般的だった1/2.7型CCDより小さな、1/3.2型のCCDを積むことで、実現できたわけで、画質面では、多くを期待できないかも。(ただし、C-1で画質面に悪い影響を与えていると言われていたミラーによる折り曲げ光学系は廃止された)

 ストロボの位置が見直され、ポップアップ方式になったことは、発光禁止の場合の操作が楽(押し込むだけ)になり、メモ用のデジカメとしては、操作性が向上していると言える。

 小さなCCDを積んだデジカメに3倍ズームレンズは、中途半端とも言えるが、その割にC-1に比べて、たった20gしか重くなっていないため、値段が気にならなければ、こちらを選んでも悪くないかも。

戻る