戻る

C-2Zoom(OLYMPUS)

発売 2002/03
撮像素子 1/3.2型 211万画素 原色系CCD
レンズ 38〜114mm相当(5.0〜15.0mm) F2.8〜4.9
記憶媒体 スマートメディア(16MB付属)
インターフェース USB(マスストレージクラス)、ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 単3×2(アルカリ電池付属)
サイズ(W×H×D) 112×62×35mm
重量 175g(本体のみ)
付属品 16MBスマートメディア(M-16PI)、USBケーブル、
ビデオケーブル、 アルカリ電池2個、ストラップ、
CD-ROM(キャメディアインフォメーションディスク)
価格 オープン(実売約30,000円)

○超軽量、コンパクト、低価格の3倍ズーム機
○レンズバリアを開けるだけのシンプルな操作性
○単3アルカリ電池で実用的に使っても約100枚撮影可能
○標準撮影時で約500枚の撮影が可能な省電力設計
○カメラ上で行える様々な編集機能を搭載
○オールインワンパッケージ

 130万画素の小型軽量3倍ズーム機C-1Zoomの撮像素子を211万画素に変更したマナーチェンジモデル。

 小型軽量だが、小さな1/3.2型CCDを使っているため、画質的にはあまり期待できない。


[レビュー:ASCII24]
・従来機を継承するコンパクトボディ
・画素サイズの小さなCCDを使用しているが、ノイズは内部処理により押さえられている
・コストパフォーマンスの高さでは脅威的な製品

[レビュー:WPC ARENA]
・小型撮像素子の影響で感度が低い(通常ISO80)
・暗所の撮影は苦手だが、ストロボ調光は優秀

戻る