戻る

C-3100ZOOM(OLYMPUS)

発売 2001/11
撮像素子 1/1.8型 334万画素 補色系CCD
レンズ 32〜96mm相当 F2.8
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)
インターフェース USB
光学ファインダー 有り(マスストレージクラス対応)
液晶モニター 1.8型TFT
記録画素数 2,048×1,536
1,600×1,200
1,280×960
1,024×768
640×480
最短撮影距離 80cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×H×D) 110×76×70mm
重量 300g(本体のみ)
付属品 16MBスマートメディア、USBケーブル、アルカリ電池4本、カメラケース、
ストラップ、CD-ROM(キャメディアインフォメーションディスク)
価格 63,000円

○300万画素の3倍ズーム機としては安価
○軽量・コンパクトでカメラらしいデザイン
○まあまあ明るいズームレンズ
○わかりやすいメニュー構成
○コントラストやシャープネスの設定など多彩な作画機能
○長時間露出時のノイズを除去するノイズリダクション機能
○コンバージョンレンズ、水中ハウジングなど豊富なオプション
○マニュアル操作が充実した露出モード

 C-3040Zを基本に、レンズがF2.8とやや暗くなり、液晶モニタの質・連写性能を落とし、ビデオ出力・リモコンへの対応を省略。
 以前発売されていたC-3000Zの再来と言うより、カタログ落ちした200万画素モデルC-2040Zに変わるC-4000/3000/2000シリーズの低価格クラスのようだ。
 必要充分な300万画素デジカメとして評価の高いC-3000系の画質が、安価に手に入るのはのは嬉しい。