戻る

C-40ZOOM(OLYMPUS)

発売 2001/10
撮像素子 1/1.8型 413万画素 補色系CCD
レンズ 35〜98mm相当(7.25〜20.3mm) F2.8〜F4.8
記憶媒体 スマートメディア(16MB付属)
インターフェース USB(ストレージクラス)、DC入力端子、
ビデオ出力端子(NTSC)、外部フラッシュ接続端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 3200×2400
2816×2112
2560×1920
2288×1712
2272×1704
2048×1536
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 80cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×2(リチウム電池パック付属)
サイズ(W×H×D) 87×68.5×43.5mm
重量 190g(本体のみ)
付属品 16MBスマートメディア、USBケーブル、AVケーブル、
CR-V3電池1個、カメラケース、ストラップ、
CD-ROM(キャメディアインフォメーションディスク)、リモコン
価格 99,800円

○軽量・コンパクト
○自分だけの細かな撮影条件の設定を登録しておけるカスタマイズモード
○撮影シーンに合わせた最適なモードを10種類の中から簡単に選べるモードダイヤル搭載
○長時間露出時に対応したノイズリダクション機能搭載
○彩度やコントラスト、シャープネスの細かい設定など多彩な作画機能を搭載
○プリント用に768万画素への拡大機能を搭載
○音声付き動画も撮れる
○多彩な記録画素数
○コンパクト機でありながら各種パラメータがマニュアル設定できる

 ソニーのDSC-P1対抗モデルと言える400万画素軽量コンパクト機。特に横幅を削り正方形に近いボディの形状は、グリップに難があるが、沈胴式のレンズを格納すると非常にコンパクトで、携帯性は良い。専用電池のDSC-P1に比べ、単3電池2本で動くのは、汎用性が高い。

 この手のコンパクト機に、多彩なマニュアル設定を可能にしているのは、カメラメーカのオリンパスらしいとも言える。

 しかし、400万画素が必要な場面がそれ程あるとは思えず、安価な300万画素モデルも出て欲しい。