戻る

C-5050ZOOM(OLYMPUS)

発売 2002/11
撮像素子 1/1.8型 500万画素 CCD
レンズ 35〜105mm相当(7.1〜21.3mm) F1.8〜2.6
記憶媒体 スマートメディア+xD-Picture Card(32MB付属)+コンパクトフラッシュType2
インターフェース USB(ストレージクラス)、DC入力端子、
ビデオ出力端子(NTSC)、外部フラッシュ接続端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 3200×2400(プリント拡大モード時)
2560×1920
2560×1696(3:2)
2288×1712
2048×1536
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 80cm(ノーマル)
3cm(マクロ)
電源 リチウムイオンパック or 単3×4
サイズ(W×D×H) 113.5×79.5×69.5mm
重量 375g(本体のみ)
付属品 xDピクチャーカード(32MB)、パソコン接続ケーブル(USB)、
AVケーブル、ストラップ、レンズキャップ、レンズキャップ用ひも、
CD-ROM、リチウム電池パック(CR-V3)2本
価格 128,000円

○高級感のあるマグネシウム合金ボディ
○レンズ前3cmまで寄れるスーパーマクロ
○肌色がより自然に再現できるなど色再現性が強化されたiESPオートホワイトバランス機能
○様々な撮影シーンでのピント合わせに対応するiESPオートフォーカス機能
○「CAMEDIAシリーズ」で初めて再生時と撮影時におけるヒストグラム表示を採用
○中央焦点部より上下左右とも2段階移動できるフォーカスエリア選択
○角度が変えられる液晶モニタ
○4つの記録メディアに対応
○AF補助光装備
○自分だけの細かな撮影条件の設定を登録できる8種類のマイモード
○コンバージョンレンズや防水・防塵プロテクタなど豊富なオプション

 進化を続けるC-2000Z以来のハイエンドコンパクト機もついに500万画素モデルが登場。今回で、ボディデザインは材質も含めてかなり変わり、50g以上重くなった。液晶モニタは、E-10/20と同様角度の変えられるタイプに変更。

 ニコンCOOLPIX5000的なモデルだが、C-5050Zは35mmからのズームレンズで1/1.8型CCDを載せており、28mmからの広角ズームレンズで2/3型CCD採用のCOOLPIX5000に比べるとやや魅力度で劣る。


レビュー(Vmag.OnLine)
・明るい3倍ズームと可動液晶が魅力の多機能500万画素機
・デュアルスロットを備え複数の記録メディアに対応
・自分流の設定を登録できる「マイモード」機能を搭載
・ワンランク上の機能を満載し幅広い撮影用途に対応できる1台

レビュー(WPC ARENA)
・中身はニュー!手軽な高級機
・画設定で写真が見違える見事なハイエンドっぷり
・500万画素とダイヤル操作がハイエンド
・新しく1/1.8型の500万画素CCDを搭載
・ユーザーインタフェースが一新された
・初心者がフルオートで気軽に撮るより、上級ザーがちゃんと撮った方が見事なハイエンドっぷりを見せてくれる

レビュー(ZDNet PCUpdate)