戻る

C-700 Ultra Zoom(OLYMPUS)

発売 2001/04
撮像素子 1/2.7型 211万画素 補色系 CCD
レンズ 38〜380mm相当 F2.8〜3.5
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)
インターフェース USB(リムーバブルメディア方式),AV出力
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 107.5×77.5×76mm
重量 310.5g(本体のみ)
付属品 ストラップ、レンズキャップ、8MBスマートメディア(M-8P)、AVケーブル、
カメラケース、リチウム電池パック(CR-V3)2個、USBケーブル、
キャメディアインフォメーションディスク
価格 75,000円

○10倍ズーム機としては小型軽量
○0.5型TFT液晶のビューファイダー採用で、液晶モニタを使わなくてもズレの無い視野が得られる
○1.5/秒の連写(6枚以上)が可能
○ISO100〜800の多彩な感度設定
○320×240の音声付き動画が15秒まで撮れる
×10倍ズームなのに手ブレ補正がない

 1/2型CCDを積んだ手ブレ補正付き光学10倍ズームデジカメC-2100UZの後継機ではなく、小さめの1/2.7型CCDを積み、手ブレ補正のない10倍ズームレンズを搭載した、(10倍ズームとしては)コンパクト機。
 手ブレ補正がない分、なんとISO800相当まで感度を上げシャッタースピードを高速化することで対応していると言うことだが、ただでさえノイズの面で厳しい1/2.7型211万画素CCDなので、画質面では問題がある。
 「ノイズが多くてもブレるよりはまし」と言う考えは、わからなくもないが、ISO800の画像は、ノイズが多すぎて、実用的とは言えない。(ISO400なら、それなりの画質だが)
 カタログスペックだけのモデルとまでは言わないが、C-2100UZに比べて、両手でホールディングしにくいデザインでもあり、実用的には、200mm程度の焦点距離までしか使えないと考えるべきだろう。(銀塩コンパクトの望遠ズームよりは、明るいレンズを積んでいるが)