戻る

C-730 Ultra Zoom(OLYMPUS)

発売 2002/09
撮像素子 1/2.7型 320万画素 CCD
レンズ 38〜380mm相当(5.9〜59mm) F2.8〜3.5
記憶媒体 xD-Picture Card(16MB付属)+スマートメディア
インターフェース USB(マスストレージクラス対応),AV出力
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2048×1536
2048×1360
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
4cm(マクロ)
電源 単3×4(リチウム電池パック付属)
サイズ(W×D×H) 107.5×76×77.5mm
重量 310g(本体のみ)
付属品 カメラケース、xDピクチャーカード(16MB)、
パソコン接続ケーブル(USB)、A/Vケーブル、
ネックストラップ、レンズキャップ、レンズキャップ用ひも、
CD-ROM(キャメディアインフォメーションディスク)、
CR-V3リチウム電池2パック(LB-01 2P)
価格 オープン(実売約65,000円)

○10倍ズーム機としては小型軽量
○0.5型TFT液晶のビューファイダー採用で、一眼レフ的な使い方が可能
○レンズ前4cmまで寄れるスーパーマクロ機能
○撮影時と再生時にヒストグラムが表示可能
○自分だけの細かな撮影条件の設定を登録しておけるカスタマイズモード搭載
○メモリ容量一杯まで撮影可能な動画機能
○オートホワイトバランスの制御を改良

 1/2.7型200万画素CCDを積んだ光学10倍ズームデジカメC-700UZの撮像素子を300万画素化した後継機。撮像素子のサイズの関係から、同じレンズを使いながら8倍ズームにとどまっていたC-720UZに比べて、同じサイズのCCDを使ってたため、10倍ズームを実現できた。


レビュー(WPC ARENA)
・画像のノイズの多さは気になるが、初心者からコダワリ派まで楽しめる1台
・380mm相当の超望遠撮影が楽しい!
・撮影時に露出をコントロールできる
・各種モード操作には慣れが必要

戻る