戻る

C-760 Ultra Zoom(OLYMPUS)

発売 2004/03
撮像素子 1/2.7型 320万画素 原色系CCD
レンズ 42〜420mm相当(6.3〜63mm) F2.8〜3.7
記憶媒体 xD-Picture Card(16MB付属)
インターフェース USB、ビデオ端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2048×1536
2048×1360
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
7cm(マクロ)
3cm(スーパーマクロ)
電源 リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 104.5×60×68.5mm
重量 280g(本体のみ)
付属品 xDピクチャーカード(16MB)、パソコン接続ケーブル(USB)、
AVケーブル、ストラップ、レンズキャップ、レンズキャップ用ひも、
CD-ROM(キャメディアインフォメーションディスク)、リチウムイオン充電池、
充電器、充電器電源ケーブル
価格 オープン(実売約50,000円)

○10倍ズーム機としては小型軽量
○忠実な色再現を可能とする新画像処理エンジン「TruePic TURBO」搭載
○レンズ前3cmまで寄れるスーパーマクロ機能
○撮影時と再生時にヒストグラムが表示可能
○コンバージョンレンズによる拡張性

 1/2.5型CCDを積んだ10倍ズーム機C-770UZの姉妹機。やや小型のCCDを搭載している。(1/2.7型というのは推定値)


レビュー(WPC ARENA)
-光学10倍ズーム機がコンパクトに変身
-伝統の高倍率ズームモデルがボディデザインを一新
-大幅な小型化と軽量化で魅力を増した320万画素機
-操作系はシンプルに使いやすくまとめられている
-自由にカスタマイズできるメニュー画面を活用したい
-画像はやや輪郭が強調されすぎる傾向にある

戻る