戻る

C-8080 Wide Zoom(OLYMPUS)

発売 2004/03
撮像素子 2/3型 800万画素 CCD
レンズ 28〜140mm相当(7.1〜35.6mm) F2.4〜3.5
記憶媒体 xD-Picture Card(32MB付属)+コンパクトフラッシュTypeII
インターフェース USB(PictBridge対応)、AV端子、外部フラッシュ接続端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.8型半透過式TFT(マルチアングル)
記録画素数 3264×2448
3264×2176(3:2)
2592×1944
2288×1712
2048×1536
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 80cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
3cm(スーパーマクロ)
電源 リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 124×84.5×99mm
重量 660g(本体のみ)
付属品 ストラップ、レンズフード、レンズキャップ、レンズキャップ用ひも、
USBケーブル、AVケーブル、リチウムイオン充電池(BLM-1)、
リチウムイオン充電器(BCM-2)、充電器電源ケーブル、
xDピクチャーカード(32MB)、リモコン(RM-2)、
CD-ROM(キャメディア インフォメーションディスク)
価格 オープン(実売価格約13万円弱)

○広角28mm相当から始まる5倍ズームレンズ
○忠実な色再現を可能とする新画像処理エンジン「TruePic TURBO」搭載
○起動0.7秒、合焦速度0.3秒と高速
○縦方向に可動する液晶モニタ
○各種コンバージョンレンズや外部フラッシュなど豊富なオプション

 E-20以来久々にオリンパスが発売する2/3型CCD搭載機。COOLPIX 8700PowerShot Pro1と同じCCDを搭載したハイエンドコンパクト機だが、レンズのズーム倍率はやや抑えめになっている。

 このクラスは、低価格のデジタル一眼レフとの棲み分けが難しくなっているが…


レビュー(WPC ARENA)
-大型レンズ搭載の重量級800万画素モデル
-同社のデジタル一眼レフを彷彿とさせる高級コンパクト
ボディはレンズ交換のできないE-1といった印象
-極小画素の悪影響は感じない
-オリンパスらしい立体感のある画像
-標準感度がISO50なのは使いにくい
-ビューファインダーは24万画素と高精細

レビュー(ITmedia PCUpdate)
-デジタルならではの多彩な絵作りができるハイエンド800万画素5倍ズーム機
-CシリーズとEシリーズのハイブリッド
-セッティングの変更で多彩な絵作りが可能
-凝ったボディデザインとユーザーインタフェース

8機種比較レビュー(Vwalker.com)
-詳細レビュー

レビュー(PC Watch)
-那和秀峻氏のレビュー
-独特のスタイルと操作系に、印象的な描写
-独創的なスタイリングと独特の操作系
-0.7秒の高速起動、レリーズタイムラグ約55ミリ秒とデジタル一眼レフなみの早さ
-EDガラスのレンズはシャープだったが
-望遠側で露出オーバー傾向になる
-F8まで絞り込むと、すばらしい画質
-連写性能が向上し操作系をもう少し改良すると理想的なカメラになる
-描写の良さは印象的

戻る