戻る

C-960 Zoom(OLYMPUS)

発売 2000/03
撮像素子 1/2.7型 131万画素 補色系 CCD
レンズ 35〜106mm相当 F2.8〜4.4
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1280×960
640×480
最短撮影距離 80cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 127×53×66.5mm
重量 270g(本体のみ)
付属品 ケース、リストストラップ、アルカリ電池4本、
8MBスマートメディア(M-8P)、ビデオケーブル
価格 オープン

○コンパクトカメラにしか見えない目立たないスタイル。
○シャッタータイムラグが小さい。
×ズームレバーの位置が悪く、重い。
×プラスチックぽくてやや安っぽいボディ。

 1998年冬のベストセラーC-900Zoomのマイナーチェンジ機C-920Zoomのまたまたマイナーチェンジ機。変更点は、

・ホワイトバランス・露出補正・スポット測光・ISO感度設定等のマニュアルが強化。
・メニューの日本化。
・DCF/DPOF対応。
・64MBスマートメディア対応。
・電源OFF時の各種設定の保存。
・液晶モニタの画素数が減り、やや見難くなる。
・バッファメモリを搭載していないため、撮影間隔が長くなった。
・リチウムイオン電池が使える。
等。

改良点と(省コストのための)改悪点があるが、画質面では同等で、設定が保存されるようになったことからやっぱりお買い得か。
この時期の130万画素機としては、デザインなどやや古さを感じさせるが、バランスのとれた良い機種なのは間違いない。