戻る

CONTAX Tvs DIGITAL(KYOCERA)

発売 2003/02
撮像素子 1/1.8型 500万画素 原色フィルターCCD
レンズ 35〜105mm相当(7.3〜21.9mm) F2.8〜4.8
記憶媒体 SDメモリカード(16MB付属)、マルチメディアカード
インターフェース USB、ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型デュアルバックライト方式採用TFT
記録画素数 2560×1920
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
15cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 112×60×33mm
重量 210g(本体のみ)
付属品 PC接続ケーブル(USBケーブル)、ビデオケーブル、
リチウムイオンバッテリーパック、ACアダプター、
SDメモリーカード(16MB)、CD-ROM、ストラップ、
リモコン、カメラケース
価格 128,000円(ブラックは138,000円)

○銀塩コンパクトカメラ的デザイン
○晴天時でも見やすいデュアルバックライト方式採用TFT液晶モニタ
○黒色の色再現性を高める「ハイブリッド赤外カットフィルター」
○自分好みのカメラに設定が可能な2つのセットアップモード
○高級感のあるチタンボディ

 銀塩の高級コンパクトカメラとして人気のブランドでもあるCONTAX初のコンパクトデジカメ。いかにもCONTAX的なデザインは見事だが、値段の高さもCONTAX的。

 デザインは別にして、デジタル部やレンズは同じ京セラ製のFinecamS5を流用していると思われる。


レビュー(WPC ARENA)
-500万画素CCDとカールツァイスレンズを搭載
-同社の銀塩カメラを彷彿とさせる高級デジカメ
-オーソドックスでわかりやすい操作系
-高級感や堅牢さは銀塩カメラのTvsにはあと一歩およばない印象
-ボディの重心が左側に偏っている点は気になる
-電源ONから使用可能までの時間は5秒弱
-現在の水準から見ればゆっくりした動作
-雰囲気のある画像が撮影できる

戻る