戻る

COOLPIX3200(NIKON)

発売 2004/02
撮像素子 1/2.7型 334万画素 原色系CCD
レンズ 38〜115mm相当(5.8〜17.4mm)F2.8〜4.9
記憶媒体 SDメモリーカード+内蔵メモリ(14.5MB)
インターフェース USB、ビデオ出力(NTSC/PAL)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2048×1536
1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 30cm(ノーマル)
4cm(マクロ)
電源 単3×2(アルカリ乾電池付属)
専用ニッケル水素充電池
サイズ(W×H×D) 88×65×38mm
重量 140g(本体のみ)
付属品 単3形アルカリ乾電池(LR6)2本、ストラップ、USBケーブルUC-E6、
オーディオビデオケーブル、ソフトウェアCD-ROM付)
価格 オープン価格(実売約35,000円)

○小型軽量で手になじみやすい形状
○USBケーブルをつないでボタンを押すだけで、撮った画像を転送・保存ができるトランスファー機能
○14種類のシーン別プログラムモード

 ニコンの普及機COOLPIX3100の後継機。記録媒体が、従来のCFからSDメモリーカードと内蔵メモリに変更になった。その他、液晶モニタが微妙に大きくなっていたり(1.5型→1.6型)、付属の電池がニッケル水素充電池からアルカリ乾電池に変更になっていたり、10gだけ軽くなっていたりと、細かな点で変更がある。


レビュー(ITmedia PCUpdate)
-初心者にも使いやすい320万画素3倍ズーム機
-オーソドックスで使いやすいボディデザイン
-SDメモリーカードに加えフラッシュメモリも内蔵
-最高の1枚を自動的に選ぶBSS機能を搭載
-アシスト機能付きシーンモードでは構図ガイドを表示

レビュー(デジタルフォト)

戻る