戻る

COOLPIX3500(NIKON)

発売 2002/11
撮像素子 1/2.7型 334万画素 CCD
レンズ 37〜111mm相当(5.6〜16.8mm)F2.7〜4.8
記憶媒体 コンパクトフラッシュTYPE I(16MB付属)
インターフェース USB(マスストレージクラス)
光学ファインダー 無し
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2048×1536
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 30cm(ノーマル)
4cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 114×59.5×31.5mm
重量 175g(本体のみ)
付属品 ストラップ、コンパクトフラッシュカード[16MB]、
USBケーブル UC-E3、Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL2、
バッテリーチャージャー MH-60、NikonView5 CD-ROM付
価格 72,000円

○携帯電話型の小型軽量ボディ
○12種類のシーン別プログラムモード
○約80分間の連続撮影が可能な省電力設計
○USB接続でパソコンへの画像転送・保存がワンタッチで可能
○素早い起動時間やオートフォーカス
○撮った画像を素早くチェックできるクイックレビュー機能
○オールインワンパッケージ

 携帯電話のようなデザインの「回転レンズ」デジカメCOOLPIX2500のCCDを同サイズの300万画素のものに載せ換えたマイナーチェンジ機。ボディは共通だが、10gだけ重くなった。


レビュー(WPC ARENA)
・明るい場面でもノイズはちょっと多いけど、グッと近寄れるマクロ撮影はニコンならでは
・最近の300万画素機の中ではシャープな描画

レビュー(Vwalker.com)
・遠景の細部も描き分ける高画素のCCDを新搭載
・最短4cmのマクロ機能や5点のマルチAFを搭載

○安定感のある高精細画像
○12種類から選べる多彩なシーンモード
○レンズ前4cmまで寄れる強力なマクロ
×撮影できる回転角度に制限がある
×AFの測距フレームが表示されない
×起動時間や撮影間隔が長い

戻る