戻る

COOLPIX5700(NIKON)

発売 2002/06
撮像素子 2/3型 524万画素 補色フィルターCCD
レンズ 35〜280mm相当(8.9〜71.2mm)F2.8〜4.2
記憶媒体 コンパクトフラッシュTYPE 2(32MB付属)
インターフェース USB(マスストレージクラス),AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2560×1920
2560×1704(3:2)
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
3cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 108×76×102mm
重量 480(本体のみ)
付属品 レンズキャップ、ストラップ、コンパクトフラッシュカード(32MB)、
リチウムイオン充電池 EN-EL1、充電器 MH-53、
USBケーブル UC-E1、AVケーブル、Nikon View 5 CD-ROM
価格 162,000円

○8倍ズームレンズ搭載
○軽量堅牢なマグネシウム合金ボディ
○レンズ前3cmまで寄れるマクロ機能
○後加工が容易なRAWモード搭載
○D1X/H並の短いシャッタータイムラグ
○応答性に優れた電子ビューファインダー
○1.8型のフリーアングル液晶モニタ
○約1.5コマ/秒で10コマまでか、3コマ/秒で3コマまでの連写機能
○1/4000秒〜8秒までの幅広いシャッター速度
○2画素の情報を加算しSXGA以下の画像サイズでノイズを最小限に抑え階調を綺麗に見せる「クリアイメージモード」
○ホワイトバランスをずらした3段階の画像を記録する「ホワイトバランスブラケティング」機能
×やや動作の遅いAF

 富士フイルムのFinePix S602に似た、高倍率・液晶ビューファインダー機。

 8倍ズームレンズと2/3型524万CCDの組み合わせにより、レンズ交換式デジタル一眼レフに匹敵する活用範囲を持つハイエンド機。やや広角が不足することを別にすれば、ほぼオールマイティな性能を持つ。


レビュー(ZDNet)
・500万画素8倍ズームのCOOLPIXは大望遠では随一のコンパクトさ
・ボタン+ダイヤルのインターフェースは使いやすいが、MFやホワイトバランスへのショートカットキーも欲しい
・各種マニュアル機能とカスタマイズ範囲の広さは充実してる
・色やコントラストに派手さはないがリアル
・ノイズも少なく解像度も500万画素ならでは
・専用バッテリーの持ちは悪くないが、ハイエンド機としてはやや不満

レビュー(WPC ARENA)
・機能充実でコンパクト。人気のCOOLPIX5000に光学8倍ズーム機能を搭載
・超望遠対応になったレンズがすごい!
・優秀な露出制御
・AFが異常に遅い(特にマクロ撮影時)
・画像は満足だがファームウエアの熟成はこれから

レビュー(ASCII24)
・液晶ビューファインダの視認性は非常に良い
・電池の持ちはあまり良くない
・望遠から広角まで周辺画像の劣化は非常に少ない
・絵作りは同社ならではの落ち着いた発色と軟らかな描写
・レンズ一体型デジタルカメラとしては最強の1台