戻る

COOLPIX 8700(NIKON)

発売 2004/02
撮像素子 2/3型 831万画素 原色フィルターCCD
レンズ 35〜280mm相当(8.9〜71.2mm)F2.8〜4.2
記憶媒体 コンパクトフラッシュTYPE II(付属無し)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.8型高透過アドバンスト液晶
記録画素数 3264×2448
3264×2176(
2592×1944
2048×1536
1600×1200
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
3cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 113×105×78mm
重量 480(本体のみ)
付属品 レンズキャップ、ストラップ、Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL1、
バッテリーチャージャーMH-53、USBケーブルUC-E1、オーディオビデオケーブル、
ソフトウェアCD-ROM付
価格 オープン(実売約130,000円)

○8倍ズームレンズ搭載
○レンズ前3cmまで寄れるマクロ機能
○1ショットで5コマの連続撮影かえら指定した条件に合う画像を自答的に選択する「AE-BBS(AEベストショットセレクタ)機能」
○シャッターボタンから指を離す直前の5コマを記録する「サーキューラー連写」
○一定の撮影間隔で静止画像を自動的に撮影する「インターバル撮影」
○充実したコンバータレンズ群

 レンズ交換式のデジタル一眼レフを除けば、ニコンのハイエンド機となる2/3型500万画素機「COOLPIX5700」の後継機。COOLPIX5000→5400のように、撮像素子のサイズを2/3型から1/1.8型に小さくするのではなく、同じ2/3型で1.5倍の画素数を選択した。

 しかし、言い尽くされたことだが、一般のユーザーにとってこんな大きな画素数が必要か?


レビュー(WPC ARENA)
-コンパクトなボディが魅力の800万画素機
-好評のボディはそのままにAF性能を大幅に改善
-800万画素化されたCCD以外の変更点は少ない
-CCDが800万画素になったという以外の目玉がない
-いまだにUSB1.1
-8倍ズームレンズはやや望遠寄りの仕様
-遅いと酷評されたCOOLPIX5700と比べればずいぶん速くなったAF
-画質はノイズや偽色が気にならず良好だ

レビュー(ITmedia PCUpdate)
-800万画素ハイエンドデジカメのトップランナー
-ほとんど同じボディで800万画素化を実現
-継承された基本操作方法と見直されたコマンド体系
-ハイエンド機にふさわしい画質と撮影機能

8機種比較レビュー(Vwalker.com)
-詳細レビュー

戻る