COOLPIX990(NIKON)

発売 2000/04
撮像素子 1/1.8型 334万画素 補色系CCD
レンズ 38〜115mm相当 F2.5〜4
記憶媒体 コンパクトフラッシュ(8MB付属)
USB 有り
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2,048×1,536
2,048×1,360
1,024×768
640×480
最短撮影距離 30cm(ノーマル)
2cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 149×38×79mm
重量 390g(本体のみ)
付属品 コンパクトフラッシュカード(8MB)、ネックストラップ、レンズキャップ、
ビデオケーブル、1.5V LR6単3形アルカリ乾電池×4本、使用説明書
価格 125,000円

○回転レンズ。(人によっては×かも)
○F5ゆずりの5点測距AF
○320×240ドットで15秒までの動画が撮れる
×軽快と言えない操作性
×記録画素数に200万画素・130万画素相当がない
×やや大きく重い
×動画に音声がない
×液晶の視認性が悪い
×アンダー気味な露出

 ニコンの300万画素機はCOOLPIX950のデザインを踏襲しているが、ボタンや端子の位置が移動している等、かなり改良されている。C-3030Zoomと比べると、動画の音声がないことと記録画素数がおおざっぱすぎるのは、大幅減点。
 グリップ部のあの「赤」が無くなったのは、残念。実は新設計ボディらしい。
 バッファメモリを積んでいるが、メモリの容量も小さく、バッファ→CFの書き込み中に、各種の操作が出来ないと言う問題点は改善されず。(ズームとシャッター半押しで書き込みを遅延させるだけらしい)オリンパスに比べて1年以上の遅れ。
 相変わらず銀塩カメラのサブ機としての回転レンズボディと言う感じで、はやくC-3030Zoomと正面から張り合える正当派デジカメを出して欲しい。