戻る

COOLPIX SQ(NIKON)

発売 未定
撮像素子 1/2.7型 334万画素 原色系CCD
レンズ 37〜111mm相当(5.6〜16.8mm)F2.7〜4.8
記憶媒体 コンパクトフラッシュTYPE I(16MB付属)
インターフェース USB(マスストレージクラス)
光学ファインダー 無し
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT(反射透過併用型)
記録画素数 2016×1512
1600×1200
1024×768
640×480
最短撮影距離 30cm(ノーマル)
4cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 82×82×25.5mm
重量 180g(本体のみ)
付属品 ストラップ、レンズキャップ、コンパクトフラッシュカード[16MB]、
Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL2、ACアダプター EH-61、
COOL-STATION MV-10、USBケーブル UC-E7、
オーディオビデオケーブル、Nikon View CD-ROM付
価格 オープン価格

○正方形の小型軽量ボディと回転レンズ
○D100に搭載されたオートホワイトバランスと画像処理アルゴリズムを元にした高度な色再現と高速画像処理
○F5・D1シリーズの機能をベースとした高精度測光システムと高速マルチエリアオートフォーカス
○起動1.5秒、0.4秒で次のコマが撮影可能
○周囲の明るさに合わせて明度を調整する液晶モニタ
○最長40秒音声付き動画撮影機能
○USB接続でパソコンへの画像転送・保存・充電が可能なクレードル付属

 ニコン伝統の回転レンズボディを正方形にまとめたコンパクト機。

 レンズのデータを見ると、携帯電話型の回転レンズ機COOLPIX2500/3500シリーズから流用しているらしい。ただし、300万画素モードの画素数が少しだけ少なくなっている。

 COOLPIX2500/3500と比べるとフラットボディの状態で邪魔になるフレーム部分が無く撮影可能なので、ローアングルでの接写などには有効と思われる。


“デザイン性”と“スイバル”の両立は難しい?(ZDNet News)
-デザイン優先で、スイバルの持ち味半減?
-撮影画像にノイズ感多し。量産モデルでは改善?

戻る