CP-920Z(EPSON)

発売 2001/03
撮像素子 1/1.8型 334万画素補色系CCD
レンズ 34〜102mm相当 F2.0〜2.5
記憶媒体 コンパクトフラッシュType1(16MB付属)
インターフェース USB(リムーバブルメディア方式),ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2544×1904
2048×1536
1600×1200
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
6cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 108×65×89mm
重量 358g(本体のみ)
付属品 コンパクトフラッシュメモリカード(16MB)、AVケーブル
単三形アルカリ乾電池4本、カメラケース
ショルダーベルト、レンズキャップ
価格 89,800円

○デジタルカメラとプリンタのカラーマッチング機能「PRINT Image Matching」を搭載
○ソフトウェア補間技術「Hypict」により約484万画素相当)の出力画像が得られる
○320×240ドットで25秒までの音声付き動画も撮れる
○省電力化によりアルカリ電池でも4000枚以上の撮影が可能
○撮影間隔約1秒
×起動が遅い

 2000年の春モデルCP-900Zのマイナーチェンジモデル。「製造元の三洋がエプソンの安売りに怒って製造中止にした」「エプソンはデジカメから撤退した」等の情報が流れ、実際に1年近く新製品の発売がなかったが、撤退したわけではないらしい。
 シェアの高い写真画質プリンタとのカラーマッチングを図った戦略はさすが。

 オーソドックスな3倍ズーム機だが、出荷量が少ないのか、店頭ではほとんど見かけない。