戻る

D100(NIKON)

発売 2002/06
撮像素子 23.7×15.6mm(APS Cタイプ相当)631万画素 原色フィルター CCD
レンズ ニコンFマウントレンズ群(焦点距離1.5倍換算)
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2
インターフェース USB1.1、ビデオ出力
光学ファインダー 有り(一眼レフタイプ)
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 3008×2000
2240×1488
1504×1000
最短撮影距離 レンズに依存
電源 専用リチウムイオン充電池
サイズ(W×H×D) 144×116×80.5mm
重量 700g(本体のみ)
付属品 Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3、
クイックチャージャー MH-18、Nikon View 5 CD-ROM、
USBケーブル、ビデオケーブル、ストラップ、
LCDモニタカバー、ボディキャップ、アイピースキャップ
価格 300,000円

○豊富なニコンFマウントレンズが使用可能
○レンズ交換式デジタル一眼レフとしては、小型軽量
○ポップアップ式のストロボを内蔵
○構図決定に便利な液晶モニタ上に表示する、マルチディスプレイ・スクリーン
○3D-マルチパターン測光に基づく的確な露出制御
○TTL-ホワイトバランスによる最適な色温度設定
○階調補正による色の最適化により、的確な色再現性と滑らかな階調表現を実現
○高い調光性能を発揮するD-TTL調光スピードライト内蔵
○有効なフォーカスフレームを赤か黒で表示するバリブライト・フォーカスエリア

 レンズ交換式デジタル一眼レフの先駆けD1シリーズとは別に、中級機レベルのボディに、D1シリーズを凌ぐ600万画素CCDを搭載したモデル。D1に比べて約400gの軽量化に成功した。あると便利な、ポップアップ式のストロボも内蔵。


レビュー(ASCII24)
・軽快に利用できる600万画素CCD搭載一眼レフデジタルカメラ
・手軽で軽快な一眼レフデジタルカメラの入門機
・樹脂製ボディは衝撃緩和機能もありデジタルカメラと相性良し
・デジタルカメラらしくなった操作系
・解像感や階調表現力ともに申し分ないクオリティ
・シャープさが足りなく感じるのは素材性重視のため

レビュー(WPC ARENA)

レビュー(ZDNet Mac:混沌の屋形船 how to)
・D100のユーザーインタフェースにどうにも解せない点がある
・WBとISO感度の変更がモードダイアルに設定されているのは使いにくい

開発者インタビュー(Nikon Imaging)
・お薦めのポイントは小型・軽量化
・次に価格、画素数
・フィルム式カメラと違うデジカメの内部レイアウトに工夫
・充電池の寿命はD1シリーズの約2倍に向上
・今後の目標は価格。10万円以下に下げたい

戻る