戻る

D70(NIKON)

発売 2004/03
撮像素子 23.7×15.6mm(APS Cタイプ相当)610万画素 原色フィルター CCD
レンズ ニコンFマウントレンズ群(焦点距離1.5倍換算)
記憶媒体 コンパクトフラッシュTypeII
インターフェース USB、ビデオ出力
光学ファインダー 有り(一眼レフタイプ)
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 3008×2000
2240×1488
1504×1000
最短撮影距離 レンズに依存
電源 専用リチウムイオン充電池
サイズ(W×H×D) 140×111×78mm
重量 595g(本体のみ)
付属品 Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3、クイックチャージャー MH-18、
ビデオケーブル、USBケーブル、ストラップ、ボディキャップ、アイピースキャップ、
LCDモニタカバー、CR2 ホルダ MS-D70、PictureProject CD-ROM
価格 150,000円(レンズキット 206,000円)

○豊富なニコンFマウントレンズが使用可能
○レンズ交換式デジタル一眼レフとしては、小型軽量
○高画質を実現する新開発の画像信号処理エンジン搭載
○起動0.2秒と高速
○3コマ/秒で144コマまで撮影可能
○上級機に匹敵する、1/8000秒高速シャッター、1/500秒スピードライト同調

 EOS Kiss Digitalの対抗機種。ライバルよりやや大きく重いが、連写枚数など性能面では上回る部分が多い。と言うより、上位機種のD100を上回ってる。

 撮像素子は、APS-Cサイズの600万画素CCDだが、D100がインターレススキャンだったのに対して、電子シャッターが使えるプログレッシブスキャンに変更されている。そのため、1/8000秒のシャッター速度を実現したが、ノイズやダイナミックレンジの面で不利と言われるプログレッシブスキャンだけに、画質は(技術の進歩を考えても)D100と同等程度と予想される。


写真で見る「D70」(PC Watch)
-製品版ではないため画質の評価は出来ず
【「D100」との比較】
-「D100」より「D70」の方がコンパクト
-表面処理の質感がやや低い
-スイッチ類の感触は「D70」が上
-ファインダーの見え方は遜色ない
-ボタン類の位置が変更され使いやすくなった
-AFモードの切り替えが面倒
-お買い得感は「D70」の圧勝か
【「EOS Kiss Digital」との比較】
-「D70」の方が数万円高そうに見える
-スペック的にも「D70」の方が高いが、「EOS Kiss Digital」には値下げの動きも

レビュー(MYCOM PC WEB)
-スピーディな操作ができる低価格のデジタル一眼レフ機
-ニコンユーザー待望の最新デジタル一眼
-高速起動と高速書き込みを実現
-画質を自由にカスタマイズできる
-ファインダーと液晶モニタの見やすさが不十分

レビュー(PC Watch)
-D100を超える戦略一眼レフ
-那和秀峻氏のレビュー
-戦略的な普及デジタル一眼レフ
-操作系は非常にわかりやすい
-スピーディーな撮影が可能

レビュー(デジタルARENA)
-上位モデルをも超える性能を持つデジタル一眼レフ
-レンズキット付属のズームレンズの仕上がりも好印象
-ボタン操作やシーンモード機能などはD100よりも優れる

戻る