戻る

DG-4W(KONICA MINOLTA)

発売 2004/03
撮像素子 1/2.7型 334万画素 原色系CCD
レンズ 28〜85mm相当(4.2〜12.7mm) F2.6〜4.3
記憶媒体 SDメモリカード(付属無し)+内蔵メモリ(8MB)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型 透過型アモルファスシリコンTFT液晶
記録画素数 2048×1536
1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
1cm(マクロ)
電源 単3×2または専用リチウムイオン充電池(別売)
サイズ(W×H×D) 135×69.5×75.1mm
重量 355g(本体のみ)
付属品 ネックストラップNS-DG600、AVケーブルAVC-600、
USBケーブルUSB-1、液晶フードLMS-1、単3形アルカリ電池、
DG-4W・CD-ROM、Easy Share CD-ROM
価格 オープン(実売約80,000円)

○防水・防塵対応の工事現場向けデジカメ
○国土交通省デジタル写真管理情報基準(案)準拠の撮影モード
○28mmから始まる広角ズームレンズ搭載
○シャッタータイムラグ0.14秒、起動時間も1.8秒
○レンズ前1cmまで寄れるマクロ機能

 コニカ伝統の「デジタル現場監督シリーズ」第4弾だが、仕様から見てリコーのCaplio 400G wideのOEM版だと思われる。

 「デジタル現場監督シリーズ」では、これまでもDG-3がやはりリコーのCaplio G300のOEMだったし、反対のパターンだが、リコーのRDC-100GがコニカのDG-1のOEMだったりと、メーカー間の流用が行われている。

 業務用に使われることの多いこの手のデジカメは、一定の需要があるため、各メーカーともラインナップに加えておきたいのかもしれない。


戻る