戻る

DIGILUX2(LEICA)

発売 2004/02
撮像素子 2/3型524万画素 原色系CCD
レンズ 28〜90mm相当(7〜22.5mm)F2.0〜2.4
記憶媒体 SDメモリカード(64MB付属)
インターフェース USB2.0、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 2.5型透過・反射併用型TFTカラー
記録画素数 2560×1920
2048×1536
1920×1080
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 30cm(ノーマル)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 135×82×103mm
重量 630g(本体のみ)、705g(電池含)
付属品 バッテリーチャージャー/ACアダプター、リチウムイオンバッテリー(1400mAh、7.2V)、
64MB SDメモリーカード、レンズキャップ、レンズフード、A/Vケーブル、
USB接続ケーブル、携帯ストラップ、Adobe Photoshop Elements 2.0 (Windows/Mac)、
ACDSee 6 (Windows)/ACDSee 1.68 (Mac)、Leica USB Remote Control Software、
Apple QuickTime 6 (Windows)、USBドライバー(Windows 98SE)
価格 オープン(実売200,000円〜300,000円)

○ライカM型カメラを連想させるレンジファインダーカメラ系デザイン
○広角から始まるライカブランドの明るいズームレンズ
○銀塩カメラ風の操作性(特にマニュアル設定が充実)
○現在の水準では画素当たりの面積の大きな2/3型500万画素CCD
○大きな2.5型低温ポリシリコンTFT液晶モニタ

 パナソニックとライカが提携して開発したDIGILUXシリーズの第2弾。これのパナソニック版が、DMC-LC1と思われる。

 「ライカMシリーズ風」だった前作よりも、よりMシリーズに似せてきたデザインは、クラシックな感じでなかなか良くまとまっている。(Mシリーズとしては、レンズがやや大きいが)

 性能的にも、2/3型CCDながら現時点では画素当たりの面積の大きい500万画素としたことなど、ライカブランドのこだわりを感じる。


「LUMIX DMC-LC1」との比較レビュー(PC Watch:河田一規の「デジカメナビ」)
-巧妙に差別化されたデザイン
-アナログの良さを実感できる操作性
-見やすい大型液晶モニタ
-贅沢な3倍ズームレンズ
-バウンス可能な内蔵ストロボ
-LC1とDIGILUX2で写りの違いはあるのか