戻る

DiMAGE Z1(MINOLTA)

発売 2003/10
撮像素子 1/2.7型 330万画素 原色インターラインCCD
レンズ 38〜380mm相当(5.8〜58mm) F2.8〜3.5
記憶媒体 SDメモリーカード(16MB付属)、マルチメディアカード
インターフェース USB2.0、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶モニタをミラーで表示可能)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2048×1536
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
4cm(スーパーマクロ)
電源 単3×4(アルカリ乾電池付属)
サイズ(W×H×D) 109.5×77.5×80mm
重量 305g(本体のみ)
付属品 SDメモリーカード(16MB)、電池(アルカリ電池単三形4本)、
ネックストラップNS-DG5000、 AV ケーブルAVC-200、
USB ケーブルUSB-500、レンズキャップLF-242、シューキャップSC-1000、
DiMAGE ビューアーCD-ROM 、
動画編集ソフト Arcsoft VideoImpression Version 2(Windows版のみ)
価格 オープン(実売約50,000円)

○小型軽量の10倍ズーム機
○クラス最速の「ジェットAF」
○シャッターボタンを押し続けている間、バッファメモリに画像を記録し、指を放した時点で過去に遡ってした時点で、カードに記録
○10コマ/秒の「UHS(ウルトラハイスピード)連続撮影」
○起動時間約2.0秒、レリーズタイムラグ約.0.06秒、撮影間隔約1.2秒
○60fpsの高品位「リアルライブビュー」

 オリンパスのC-700UZシリーズや富士写真フイルムのFinePix S5000とよく似たコンパクトな10倍ズーム機。


レビュー(WPC ARENA)
-10倍ズームと高速AF搭載の320万画素機
-高速の「ジェットAF機能」搭載でレスポンスは上々
-連写や動画撮影機能に優れる光学10倍の320万画素機
-意外にコンパクトでホールド感は良好
-美しい液晶モニターはビューファインダーにも変身
-ノイズが少なく画質的には良好な仕上がり

レビュー(Vwalker.com)

戻る