戻る

DiMAGE Z2(KONICA MINOLTA)

発売 2004/03
撮像素子 1/2.7型 420万画素 原色フィルターインターラインCCD
レンズ 38〜380mm相当(5.8〜58mm) F2.8〜3.5
記憶媒体 SDメモリーカード(16MB付属)、マルチメディアカード
インターフェース USB2.0、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶モニタをミラーで表示可能)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2272×1704
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
3cm(スーパーマクロ)
電源 単3×4(アルカリ乾電池付属)
サイズ(W×H×D) 109.5×77.5×80mm
重量 305g(本体のみ)
付属品 SDメモリーカード(16MB)、単3型アルカリ電池4本、ネックストラップ、
AVケーブル、USBケーブル、レンズキャップ、シューキャップ、
ディマージュビューアー CD-ROM、
動画編集ソフトArcsoft VideoImpression Version2 CD-ROM
価格 オープン(実売約55,000円)

○小型軽量の10倍ズーム機
○クラス最速の「ジェットAF」
○シャッターボタンを押し続けている間、バッファメモリに画像を記録し、指を放した時点で過去に遡ってした時点で、カードに記録
○10コマ/秒の「UHS(ウルトラハイスピード)連続撮影」
○起動時間約1.8秒、レリーズタイムラグ約.0.06秒、撮影間隔約1.0秒
○60fpsの高品位「リアルライブビュー」

 コンパクトな10倍ズーム機DiMAGE Z1の後継機。画素数が前モデルの300万から400万に画素数アップした。

 それ以外にも、最短撮影距離(1cm短縮)、起動時間(約2秒→約1.8秒)、撮影間隔(1.2秒→1.0秒)と細かな点が改良されている。


レビュー(PC Watch:伊達淳一のデジタルでいこう!)
-快速ジェットAFとコストパフォーマンスの高さが魅力
-奇抜なデザインは好き嫌いがあるが、60fpsの液晶モニターは快適
-手ブレ補正は装備されていないのは残念だが…
-「ジェットAF」の精度は百発百中ではないが快適な動作速度を実現
-動画撮影機能も充実

戻る