戻る

DMC-F1(Panasonic)

発売 2002/11
撮像素子 1/2.5型 334万画素 原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当(5.8〜17.4mm)F2.8〜4.9
記憶媒体 SDメモリカード(16MB付属)
インターフェース USB、ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2048×1536
1600×1200
800×600
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 104×50.9×32.1mm
重量 160g(本体のみ)、180g(バッテリー、メモリーカード含む)
付属品 SDメモリーカード(16MB)、専用リチウムイオン充電池(680mAh),
充電器、ACアダプター、電源コード、DCコード、A/Vケーブル、USBケーブル、
ストラップ、CD-ROM
価格 オープン(実売50,000円前後)

○超小型・超軽量
○ライカブランドの明るい3倍ズームレンズ
○1.5倍の高解像度を実現する新画像処理エンジンを搭載

 パナソニックとライカが提携して開発するデジカメの第1弾DMC-F7の後継機。撮像素子を1/2.7型200万画素から、1/2.5型300万画素に2倍ズームレンズを3倍ズームレンズに変更された。


レビュー(WPC ARENA)
・色のりのよい画質、軽快に撮れる操作性は○
・「かんたん」モードでお手軽に撮影が可能
・露出補正も本体背面のボタン操作で簡単
・シャッタータイムラグが0.1秒、連写では4コマ/秒で最大8コマが撮影できる機動力の良さが魅力
・シャッター速度が速くないためスポーツ撮影には不向き
・画質的には、色のりのよさが魅力
・メニューがわかりにくいのが残念

レビュー(/Vmag. OnLine)
・5色のボディカラーから選べるコンパクトな320万画素機
・画素数とズーム倍率を高め細部の表現力がアップ
・DMC-F7を元に、CCDの画素数、ズームレンズの倍率、各種設定の操作性などを改善
・やや白トビが生じやすい傾向は従来どおり
・細部の解像力と発色の安定感が向上
・起動時間が約3秒、シャッタータイムラグが約0.1秒、撮影感覚が約1.6秒とトップクラスのレスポンス
・夜景ポートレートモード以外の通常撮影モードで1/3秒以下の低速シャッターが使えない
・マニュアル機能はないが、一般的なスナップ撮影や記念写真用途には十分な内容