戻る

DMC-FZ2(Panasonic)

発売 2003/08
撮像素子 1/3.2型 200万画素 原色系CCD
レンズ 35〜420mm相当(4.6〜55.2mm)F2.8
記憶媒体 SDメモリカード(付属無し)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 30cm(ノーマル)
5cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 114×70.3×83.3mm
重量 318g(本体のみ)、350g(バッテリー、メモリーカード含む)
付属品 専用リチウムイオン充電池、充電器/ACアダプター、
電源コード、DCコード、A/Vケーブル、
USB接続ケーブル、ストラップ、CD-ROM、レンズフード、
レンズフードアダプタ、レンズキャップ
価格 オープン(実売50,000円強)

○光学手ブレ補正機能搭載の明るい12倍ズームレンズ(ライカブランド)
○ズーム比率から見て驚異的なコンパクトボディを実現
○1.5倍の高解像度を実現する新画像処理エンジンを搭載
○絞り優先モード・シャッター優先モードを搭載
○ホワイトバランス微調整機能搭載
○シャッタータイムラグ0.1秒
○毎秒4コマで7枚までの連写に対応

 ライカブランドの光学手ブレ補正機能搭載12倍ズームレンズを搭載した200万画素機DMC-FZ1の後継機。絞り優先モードとシャッター優先モード、ホワイトバランス微調整機能を追加した。

 撮像素子はやや小さめの1/3.2型原色系CCDを採用し、420mmまでの12倍ズームレンズとしては、驚異的に軽量コンパクトなボディを実現している。

 この種のコンパクト高倍率ズーム機は数が増えてきたが、手ブレ補正機能を搭載した機種は珍しく、その点では大きなアドバンテージを持つ。


レビュー(WPC ARENA)
-コンパクトなボディに光学12倍ズーム機能を搭載
-マニュアル撮影機能を追加して基本性能をアップ
-フィルムカメラ的なボディは操作系もオーソドックス
-光学式の手ぶれ補正機能「MEGA OIS」を搭載
-超望遠ズームが手軽に使える点は大きな魅力

レビュー(Vwalker.com)

戻る