戻る

DMC-LC1(Panasonic)

発売 2004/03
撮像素子 2/3型500万画素 原色フィルターCCD
レンズ 28〜90mm相当(7.0-22.5mm) F2.0-2.4
記憶媒体 SDメモリーカード or マルチメディアカード
インターフェース USB2.0、AV端子、シャッターリモコン
光学ファインダー 有り
液晶モニター 2.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2560×1920
2048×1536
1600×1200
1920×1080(HDTV)
1280×960
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
30cm(マクロ)
電源 リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 134.7×81.5×101.5mm
重量 627g(本体のみ)、702g(バッテリー、メディア込み)
付属品 専用充電池、充電器/ACアダプター、電源コード、DCコード、
A/Vケーブル、USBケーブル、レンズキャップ、レンズフード、
ストラップ、MCプロテクター、シャッターリモコン、CD-ROM
価格 オープン(実売約150,000円)

○ライカM型カメラを連想させるレンジファインダーカメラ系デザイン
○ライカブランドで広角寄りの明るい3倍ズームレンズ
○斜め解像度を1.5倍向上させる独自の映像処理エンジン
○レンズ回りのマニュアルズームリング/マニュアルフォーカスリング/絞りリングによるマニュアル設定が可能
○シャッタースピードダイヤルにより、1/2〜1/2000までのシャッタースピードをダイレクトに設定可能

 ライカM型を連想させる高級レンジファインダー機を連想させるデザインとマニュアル志向の操作性など、これまで無かったジャンルのデジカメ。

 ライカブランドで発売されたDIGILUX2とほぼ同じ内容だが、実売価格では5万円以上安くなっている。


「Leica DIGOLUX2」との比較レビュー(PC Watch:河田一規の「デジカメナビ」)
-巧妙に差別化されたデザイン
-アナログの良さを実感できる操作性
-見やすい大型液晶モニタ
-贅沢な3倍ズームレンズ
-バウンス可能な内蔵ストロボ
-LC1とDIGILUX2で写りの違いはあるのか

レビュー(デジタルARENA)
-マニュアル操作を重視した500万画素モデル
-重厚感のあるボディに明るい大口径レンズを搭載
-ボディは確かに大きいが持った印象は良好
-ライカ製レンズの描写力を生かした仕上がり
-カメラ好きなユーザーにじっくり使ってもらいたい

レビュー(PC Watch:西川和久の不定期コラム)

レビュー(MYCOM PC WEB)
-一眼レフライクなマニュアル操作ができる500万画素デジカメ
-写真愛好家注目のハイエンド機が登場
-ライカブランドの大口径レンズを搭載する
-各機能へのダイレクト操作ができる
-画面の隅々まで解像する500万画素画像

戻る