戻る

DSC-AZ3(SANYO)

発売 2002/11
撮像素子 1/1.8型 413万画素 原色CCD
レンズ 37〜111mm相当(7.7〜23.1mm) F2.7〜4.9
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2(付属無し)マイクロドライブ対応
インターフェース USB(マスストレージクラス),AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 3264×2448
2880×2160
2288×1712
1600×1200
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 99×55×32.5mm
重量 210g(本体のみ)
付属品 専用AV接続ケーブル、専用USB接続ケーブル、CD-ROM、
リチウムイオン電池、リチウムイオン電池充電器&電源コード、ハンドストラップ
価格 87,000円

○起動時間約1.7秒、シャッター間隔約2秒、再生間隔約0.8秒
○色相・彩度・明度の色補正をカメラ本体に反映できる「リアルカラーイコライザIII」機能
○パソコンを使わずにエプソンのプリンタからプリントできるUSB DIRECT-PRINT対応
○最大約200分の音声付動画撮影可能
○4.0メガピクセルで連続9枚の連写機能
○PCカメラ機能

 プログレッシブCCDを使った動画デジカメDSC-MZシリーズのボディを使った高画素モデルDSC-AZシリーズの第2弾。DSC-MZ3を元にしているため、「2」を飛ばして「3」になったのか?


レビュー(WPC ARENA)
・操作に難点もあるけれど高速レスポンス&高画質は魅力
・一番の進化ポイントは、専用リチウムイオン充電池になった事による電池の持ちの良さ
・AZ1では電池を抜くたびにリセットされていた日付&時刻設定が、バッテリーを抜いた状態でも約7日間ほど保持可能に
・撮影していて気になるのは"手にして使う道具"としての純粋な作り込みの甘さ
・原色フィルター採用で、自然な発色に
・出来過ぎた優等生で"このカメラと一緒に出かけたい!"と思わせる魅力に乏しい

戻る