戻る

DSC-F707(SONY)

発売 2001/10
撮像素子 2/3型 524万画素 原色フィルターCCD
レンズ 38〜190mm相当 F2.0〜2.4
記憶媒体 メモリースティック(16MB付属)
インターフェース USB(マスストレージクラス),AV端子
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.8型TFT
記録画素数 2590×1920
2048×1536
1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
2cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池
サイズ(W×D×H) 119.5×151.0×68.9mm
重量 594g(本体のみ)
710g(リチウムイオン充電池、メモリ、レンズキャップ込み)
付属品 メモリースティック(16MB)、USBケーブル、CD-ROM×2、
リチャージャブルバッテリー「NP-FM50」、AVケーブル、
ACパワーアダプター、電源ケーブル、レンズキャップ、ショルダーベルト
価格 オープン(実売約120,000円)

○大口径の5倍ズームレンズ
○上77度、下36度に動く回転レンズ
○18万画素と高画質の液晶ビューファインダー
○ダイナミックレンジの拡大と色階調の細分化を実現した14ビットA/Dコンバーター
○JPEG処理のプロセスに新開発のクリアカラーNR(ノイズリダクション)採用
○レーザーホログラム光の輪郭検出によって夜間でもオートフォーカス可能
○暗闇でも撮れる赤外光によるナイトショット機能
○夜間のフレーミング時のみ赤外照射を行いフレーミングを助けるナイトフレーミング機能
○長時間シャッター時に機能するノイズリダクション機能
○USBケーブルやソフトも同梱

 ズームレンズに回転ボディが付いたデザインで人気の505シリーズの後継機。CCDが2/3型と大型化したことにより、レンズも新設計された。液晶モニタのみだった505に比べて、液晶ビューファインダーが付いたのは、使い勝手の面で大きな進歩と言える。

 赤外光を積極的に使って、夜間の撮影に強いモデルになった。