戻る

DSC-J1(SANYO)

発売 2003/03
撮像素子 1/2.7型 334万画素 原色CCD
レンズ 37〜104mm相当(5.7〜16.0mm) F2.8〜3.9
記憶媒体 SDメモリーカード(8MB付属)
インターフェース USB1.1、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型TFT
記録画素数 2880×2160
2048×1536
1600×1200
640×480
最短撮影距離 20cm(ノーマル)
2cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 98×55×31mm
重量 150g(本体のみ)、185g(撮影時)
付属品 8MB SDメモリーカード、専用AV接続ケーブル、
専用USB接続ケーブル、Sanyo Software Pack 6.4 CD-ROM、
リチウムイオン電池、リチウムイオン電池充電器&電源コード、
ハンドストラップ
価格 60,000円

○小型軽量、手頃な値段の2.8倍ズーム機
○640×480ピクセルで秒30フレームの音声付き動画が撮影可能
○動画撮影時に4画素の情報を足し合わせ4倍の感度を実現
○約1.2秒の起動時間、レリーズタイムラグ約0.05秒、撮影間隔1.6秒、再生間隔約0.6秒と高速な動作レスポンス
○600万画素相当の画像を生成
○60fpsとこうリフレッシュレートを実現した液晶モニター
○ピンぼけの少ない撮影ができる「5点測距AF」搭載

 三洋の新ブランド「Xacti」の第1弾。デザインは、これまでの同社製品に比べ、レンズの位置が中央寄りになり、よりオーソドックスになった。何となくだが、パナソニックのCardShotNV-DCF3を連想させられた。

 これまでの三洋製デジカメと同じく、動画撮影に力を入れているが、「動画」が珍しい機能とは言えない現在のデジカメにとって、「高画質な動画」は「静止画の画素数」や「レンズのブランド」に比べて、それほど求められていないのではないかと思う。


レビュー(WPC ARENA)
・すぐ撮れて、すぐしまえる軽快な動作
・スナップ撮影や動画を楽しみたい初心者向けの1台
・スーパーマクロで2cmの接写!
・SDメモリーカードの転送速度に注意

レビュー(MYCOM PC WEB)
-手軽さの中にある実用本位のさまざまな工夫

レビュー(ASCII24)
-光学ズームでもレンズが出ない

戻る