戻る

DSC-MZ1(SANYO)

発売 2001/06
撮像素子 1/1.8型 200万画素 原色CCD
レンズ 35〜98mm相当 F2.8〜4.8
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2(付属無し)マイクロドライブ対応
インターフェース USB(マスストレージクラス),AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2000×1496
1600×1200
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×2(ニッケル水素充電池付属)
サイズ(W×D×H) 106×41×63mm
重量 230g(本体のみ)
付属品 専用USB接続ケーブル、SANYO Photo Labo 5.4 CD-ROM、
専用AV接続ケーブル、単3形ニッケル水素電池X2本、ニッケル水素電池充電器、
ハンドストラップ
価格 68,000円

○画素面積が大きなプログレッシブスキャンCCD
○光の3原色を含む計12ポイントの色を個別に補正することで、より精度の高い色再現を実現した「リアルカラーイコライザ」
○6ポイントの色相値と彩度値をユーザーの好みに合わせて3種類記録可能
○1回の露光で明暗2枚の画像を取り込みデジタル合成処理することで高ダイナミックレンジを実現する「ワイドレンジショット」
○1秒間に10コマのスピードで15コマ連写可能
○TVに迫る画質の動画
×電池寿命が短い
×やや遅い起動時間
×ズーミングやAFの合焦に時間がかかる
×動画撮影中にズーミングするとレンズの駆動音が録音される

 デジカメの生産メーカとしては大手でありながら、自社ブランドでは、売れ筋の小型のズームモデルを持たない三洋が、久々に放つ意欲作。

 爆速動画デジカメとして、マニアックな人気を誇るDSC-SXシリーズのズーム化として、大きな期待を受けていたが、電池寿命やAF・起動の遅さなど、問題が多く、DSC-SXシリーズとは、別の系列と思って買わないと、期待を裏切られることのなりそう。

 操作性も作り込まれておらず、様々な特殊撮影モードも、カタログデータほどの効果を発揮していない。動画機能は、相変わらず水準以上だが、スチルカメラとしては、もう一つという印象。

 改良された次モデルに期待したい。