戻る

DSC-R1(SANYO)

発売 2001/11
撮像素子 1/2.8型 136万画素 原色系CCD(フレームトランスファー方式)
レンズ 38mm相当(5.7mm) F2.8
記憶媒体 内蔵メモリ(1MB)+コンパクトフラッシュType1
インターフェース USB(マスストレージクラス)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1280×960
640×480
最短撮影距離 20cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 単3×4(ニッケル水素充電池付属)
サイズ(W×H×D) 121×65×38mm
重量 180g(本体のみ)
付属品 専用USB接続ケーブル、CD-ROM、
単3形アルカリ乾電池X4本、ハンドストラップ
価格 33,000円

○軽量コンパクトな単焦点機
○電源スイッチ連動タイプのレンズカバーで簡単操作
○ダイナミックレンジが広いフレームトランスファー方式CCD
○リチウム電池を使えば10,000枚以上の連続撮影が可能な省電力設計
×ISO20〜100と低感度

 高ダイナミックレンジと期待されながら、特に高い評価を受けた製品のないフレームトランスファー方式のCCDを、三洋で初めて採用した機種。

 実際のダイナミックレンジは別として、かなり安価なメモ用デジカメとしては、かなり有望。ただし、ISO20〜100と言う低感度は、いくらダイナミックレンジの広いフレームトランスファー方式としても、やや使い勝手が悪いのでは?