戻る

DSC-S85(SONY)

発売 2001/06
撮像素子 1/1.8型 413万画素 原色CCD
レンズ 34〜102mm相当 F2.0〜2.5
記憶媒体 メモリースティック(16MB付属)
インターフェース USB(ストレージクラス),AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型TFT
記録画素数 2272×1704
2272×1520(3:2)
1600×1200
1280×960ドット
640×480ドット
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
4cm(マクロ)
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 117×64×71mm
重量 352g(本体のみ)462g(撮影時)
付属品 メモリースティック(16MB)、USBケーブル、CD-ROM(アプリケーション)、
リチャージャブルバッテリー「NP-FM50」、ACパワーアダプター/「AC-L10A」、
電源ケーブル、ショルダーストラップ、レンズキャップ
価格 オープン(実売約90,000円)

○バッテリの寿命が長い(3時間、3000枚)
○0.6秒間隔で3枚までの連写が可能(オートブラケットも可能)
○音声付き動画も撮れる
○銀塩写真と同じ3:2モードも有り

 サイバーショットSシリーズの最上位機種DSC-S75の1/1.8型334万画素CCDを、同サイズの413万画素CCDに載せ換えたモデル。それ以外の変更点としては、ボディの色が黒くなった程度。

 「微小画素」と言われた1/1.8型334万画素CCDより一段と画素の微小化が進んでおり、画素ピッチ(画素の一辺のサイズ)は、計算上3μmと1/2.7型211万画素CCDを下回り、最小クラス。感度やダイナミックレンジの低下が心配であり、何より、ここまでの出力画素数が必要とは思えない。

 操作面では、ジョグダイアルの採用など、カメラらしい外観とともに改良されていたDSC-S75譲りだが、実売価格が明らかに高い、この機種を選ぶぐらいなら、DSC-S75のままで良いのではないか?