戻る

DSC-T11(SONY)

発売 2004/04
撮像素子 1/2.4型 530万画素 原色系CCD
レンズ 38〜114mm相当(6.7〜20.1mm) F3.5〜4.4
記憶媒体 メモリースティックデュオ(32MB付属)
インターフェース USB2.0、AV端子
光学ファインダー 無し
液晶モニター 2.5型ハイブリッドTFT
記録画素数 2592×1944
2592×1728(3:2)
2048×1536
1280×960
640×480
最短撮影距離 50cm(ノーマル)
8cm(マクロ)
1cm(スーパーマクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 102.5×60×17.3mm
重量 161g(本体のみ) 186g(撮影時)
付属品 USBクレードル、リチャージャブルバッテリーパック「NP-FT1」、ACパワーアダプター、
 AV接続ケーブル、USB接続ケーブル、「メモリースティック デュオ」(「MSA-32A」)、
電源コード、リストストラップ、キャリングケース、CD-ROM、他
価格 オープン(実売約58,000円)

○屈折光学系を採用し、3倍ズーム機で21mmの薄型ボディーを実現
○大型で見やすい2.5型ハイブリッドTFT液晶モニタ
×メモリースティックデュオの採用

 DiMAGE Xシリーズに似た屈折光学系を採用することで、薄型ボディーを実現した「DSC-Tシリーズ」の第2弾。前モデルのDSC-T1との違いは、レンズバリアーが無くなった事。

 携帯に便利な小型薄型ボディーだが、このサイズで500万画素はちょっと画素数過多の気がする。


戻る