戻る

E-100RS(OLYMPUS)

発売 2000/10
撮像素子 1/2型 151万画素 原色系 CCD
レンズ 38〜380mm相当 F2.8〜3.5
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)+コンパクトフラッシュType2兼用
(マイクロドライブ使用不可)
USB 有り(リムーバブルメディア方式)
光学ファインダー 無し(液晶ビューファインダー有り)
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1360×1024
1280×960
1024×768
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 120×152.5×86mm
重量 575g(本体のみ)
付属品 レンズキャップ、ストラップ、8MBスマートメディア(M-8P)、リモコン(RM-1)、
AVケーブル、リチウム電池パックLB-01(CR-V3)2個
価格 160,000円

○光学手ブレ補正付きの10倍ズーム
○5.5型TFT液晶のビューファイダー採用で、液晶モニタを使わなくてもパララックスの無い視野が得られる
○15コマ/秒の高速連写が可能
○シャッターボタンが半押しされていればシャッターレリーズの前の画像をも記録する「プリキャプチャー機能」
○画像書き込みの途中でも、書き込み待ちの画像を破棄して次の撮影に移る事が可能
○1/10000秒の超高速シャッター
○スマートメディアとコンパクトフラッシュ双方のスロットを装備
○640×480ドットで30コマ/秒の音声付き動画が撮影可能
○シャッター音の設定が可能

 光学手ブレ補正機能付きの10倍ズーム(キヤノン製?)デジカメC-2100UltraZoomの発売後わずか2週間で発表された後継機(?)C-2000Zoom系列の補色系CCDに対して、28MHzの高速駆動タイプの原色系CCDを採用。200万画素CCDで標準的なインターライン方式ではなく、プログレッシブ(全画素一括読み出し)方式を採用している。(1/10000秒の高速シャッターは、メカニカルシャッターではなく、電子シャッターなのかも)
 15コマ/秒の高速連写は、技術的には凄いことだと思うが、実際にメリットを感じる用途は、少ないかも。
 画素サイズの大きな原色系CCDを採用したことで、L判程度のプリント用途なら、C-2100UltraZoomを凌ぐ画質を持っていると思われる。ただ、3万円近い価格差は、微妙なところ。