戻る

EOS-1D(CANON)

発売 2001/12
撮像素子 28.7×19.1mm 448万画素 原色系CCD
レンズ キヤノンEFレンズ群(焦点距離1.3倍換算)
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2
インターフェース IEEE1394(専用ケーブル使用)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 2型TFT
記録画素数 2464×1648
1232×824
最短撮影距離 レンズに依存
電源 専用ニッケル水素充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 156×157.6×79.9mm
重量 1250g(本体のみ)
付属品 ニッケル水素パック NP-E3、ニッケル水素チャージャー NC-E2、
DCカプラーキット DCK-E1、ネックストラップ L4、ハンドストラップ E1、
インターフェースケーブル IFC-200D6、Canon Digital Camera Solution Disk、
Adobe Photoshop LE Disk
価格 750,000円

○大型の撮像素子により35mmカメラ換算で1.3倍の画角を実現。
○8コマ/秒で21コマの超高速連写。
○JPEGとRAWデータの同時記録機能。
○視野率100%で倍率0.72倍のファインダー。
○EOS-1Vと同等の防塵防滴機能。
○外部センサーとTTLでのデータを利用した、ハイブリッド・ホワイトバランス機能。
○EOS-1Vと同じ15万回までの耐久性を持つシャッター。
○最高級一眼レフEOS-1Vの機能を踏襲。
×重く大きいボディ。なかなか手が出ない価格。

 銀塩EOSシリーズの最上級機EOS-1Vに相当する機能を持つレンズ交換式一眼レフデジタルカメラの最上級機。

 撮像素子はEOS D30のAPS-Cサイズ相当のCMOSから、一回り大きいCCDへサイズアップされた。そのため、従来1.6倍相当になっていた焦点距離が1.3倍相当になったため、特に広角ズームのラインナップが不足していたEFレンズでも、28mmが36mm相当と、やっと実用的な画角を持つようになった。

 画素数は、連写性能と解像度の兼ね合いから、448万画素となり、画素あたりの大きさも11ミクロンとD1やEOS D30相当。

 連写性能ではD1Hをしのぎ、画素数から見て画質でもD1X並と思われるが、その分、大きく重く、価格面でも一般ユーザにとってやや遠い存在となってしまった。