戻る

EOS D60(CANON)

発売 2002/03
撮像素子 22.7×15.1mm(APS Cタイプ相当)650万画素 原色フィルター CMOS
レンズ キヤノンEFレンズ群(焦点距離1.6倍換算)
記憶媒体 コンパクトフラッシュType2
インターフェース USB(マスストレージクラス)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型TFT
記録画素数 3072×2048
最短撮影距離 レンズに依存
電源 専用リチウム充電池
サイズ(W×H×D) 149.5×106.5×75.0mm
重量 780g(本体のみ)
付属品 ネックストラップ EW-100DB、
Adobe PhotoShop 5.0 LEディスク/EOSデジタル ソリューションディスク
(バッテリーパックBP-511、コンパクトパワーアダブターCA-PS400、
DCカプラーDR-400、インタフェースケーブルIFC-200PCU、
ビデオケーブルVC-100)カッコ内はkitに付属
価格 330,000円(本体のみ)、358,000円(kit)

○35mmカメラのレンズが使える一眼デジカメとしては軽量・安価
○全てのEFレンズが使用可能
○RAWとJPEGの同時記録が可能
○3点の測距のうち選択されたエリアをスーパインポーズで表示
○照明付きの上部液晶パネル

 初めて一般ユーザにも手が届く価格で発売され、多くのユーザを獲得したEOS D30の撮像素子の画素数を倍増させ、ユーザから寄せられた点を改良した後継機。

 EOS D30から乗り換えるユーザのことを考えて、本体のみのパッケージと、バッテリーやUSBケーブルの用意されたオールインワンパッケージも用意されている。

 価格的には据え置きだが、希望の多かったAFエリアのスーパーインポーズ等、改良点が多いので、実質的には値下げといっても良いが、300万画素のままで、大幅に値段を下げた機種も欲しかった。


[レビュー:WPC ARENA]

戻る