戻る

EX-Z3(CASIO)

発売 2003/03
撮像素子 1/2.5型 334万画素 原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当(5.8〜17.4mm) F2.6〜4.8
記憶媒体 内蔵メモリ(10MB)+SDメモリーカード・MMCカード
インターフェース USBクレードル
光学ファインダー 有り
液晶モニター 2.0型TFT
記録画素数 2048×1536
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
6cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 87×57×22.9mm
重量 126g(本体のみ)
付属品 リチウムイオン充電池、USBクレードル、専用ACアダプター、
USBケーブル、ストラップ、CD-ROM
価格 オープンプライス(実売約50,000円)

○カードサイズの3倍ズーム機
○高速起動、シャッタータイムラグ0.01秒
○2.0型と大型の液晶モニタ
○レンズ前6cmまで寄れるマクロ機能
○クレードルにより画像を簡単にパソコンに転送

 超薄型・超軽量を実現したカシオの意欲作。EXILIMシリーズの第3弾。ボディの厚みは約2倍になったが、それ以外のサイズはそのままで、3倍ズームレンズを搭載した。

 従来のEXILIMの弱点といわれたマクロ撮影にも対応。


開発者インタビュー[前編](ZDNet News)
・3倍ズームのEXILIM「EX-Z3」の開発者へインタビュー
・DiMAGE Xよりも約3ミリ増となる22.9ミリの厚さに3段沈胴式のズーム機構装備
・薄型化の秘密は、先進の高密度実装技術
・「EXILIMの後継モデルではなく、“EXILIM ZOOM”という新ブランド」

開発者インタビュー[後編](ZDNet News)
・3倍ズームのEXILIM「EX-Z3」の開発者へインタビュー第2弾
・コンパクトデジカメとしては異例の大型液晶を装備
・大型液晶を生かした多彩な再生機能
・"毎日使いたくなるようなデジカメ”を提案

ファーストインプレッション[英文](LetsGoDigital)
オランダのデジカメサイト「LetsGoDigital」のEX-Z3のレビュー記事です

・常時携帯したい人のためにデザインされた超コンパクト機
・大きな2型液晶モニタを装備したのは素晴らしい
・小型の割にホールディングは良い
・2秒で起動する
・ドッキングステーションも装備していて価格性能比の高いこのカメラは、ヒットするだろう

レビュー(WPC ARENA)
3倍ズームのEXILIM「EX-Z3」の試作品を使ったレビュー

・単焦点EXILIMは「カードサイズでどこまでできるか」がテーマだが、EX-Z3は「カメラとしての実用的な小ささの追求」がテーマ
・「実用的な小ささ」
・画質はクラス最高ではないものの、300万画素機として評価に値するレベル
・2型のデカい液晶モニターは再生時に楽しい
・実用性と“薄さ・軽さ・速さ”のバランス

レビュー(ASCII24)
○ボディサイズはタバコの箱とほぼ同サイズながら、やわらかいデザインによりコンパクトに見えるようにしている
×画像の再生時に拡大表示をすると、動きが遅く、ややストレスを感じる
×なるべくスムーズに表示してほしい

戻る