戻る

EX-Z4(CASIO)

発売 2003/11
撮像素子 1/2.5型 423万画素 原色系CCD
レンズ 35〜105mm相当(5.8〜17.4mm) F2.6〜4.8
記憶媒体 内蔵メモリ(10MB)+SDメモリーカード・MMCカード
インターフェース USBクレードル
光学ファインダー 有り
液晶モニター 2.0型TFT
記録画素数 2304×1728
2304×1536
1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 40cm(ノーマル)
6cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 87×57×23.1mm
重量 129g(本体のみ)
付属品 リチウムイオン充電池、USBクレードル、専用ACアダプター、
USBケーブル、ストラップ、CD-ROM
価格 オープンプライス(実売約50,000円)

○カードサイズの3倍ズーム機
○起動時間 1.6秒、シャッタータイムラグ0.01秒と高速な動作
○2.0型と大型の液晶モニタ(アクリル保護パネル付き)
○レンズ前6cmまで寄れるマクロ機能
○クレードルにより画像を簡単にパソコンに転送
○スピーカー内蔵で音声を再生可能

 超薄型・超軽量を実現したカシオの意欲作EX-Z3の撮像素子を、同サイズの400万画素に変更したモデル。起動時間を短縮し、液晶モニタにカバーを付け、スピーカーを内蔵と、細かな点を改良している。

 ただ、400万画素まで必要な場面がそれほどあるとは思えないが…


山田久美夫氏の実写画像(PC Watch)

レビュー(ZDNet PCUpdate)
-大ヒット薄型コンパクトズーム機のマイナーチェンジモデル
-マイナーチェンジにとどまらない改良
-起動が高速になった
-画素数を400万に高め、レスポンスも俊敏に
-薄型コンパクトボディにズームデジカメの基本性能をすべて搭載
-ボディサイズと見やすさのバランスが絶妙の2型液晶モニタ

戻る