FinePix2300(FUJIFILM)

発売 2001/03
撮像素子 1/2.7型 211万画素 原色フィルター CCD
レンズ 36mm相当 F4.5
記憶媒体 スマートメディア(8MB付属)
インターフェース USB
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.6型
記録画素数 1600×1200
1280×960
640×480
最短撮影距離 80cm(ノーマル)
8cm(マクロ)
電源 単3×4
サイズ(W×D×H) 110×39×77mm
重量 200g(本体のみ) 300g(電池、メディア込み)
付属品 単3形アルカリ乾電池4本、8MBスマートメディア1枚、ハンドストラップ、
専用USBケーブル、使用説明書・保証書、CD-ROM、簡単操作ガイド
価格 49,800円

○小型軽量安価
○買ってすぐ使えるオールインワンパッケージ

 FinePixの入門機シリーズ。1/2.7型の130万画素CCDを積んだFinePix1300のCCDを1/2.7型211万画素に交換したもの。FinePix1400Z→FinePix2500Zと同じ流れ。表記上の画素数を上げるために、CCDあたりの面積を削るのはいかがなものか。
 実売価格は3万円台と思われるが、単3電池4本のデジカメであり、重さはそれなりにあり、メモ用デジカメには向かない。価格面で割り切ったモデルと言え、AV端子は付けて欲しかった。

 画質面では、小さいCCDを積んでいるための暗部ノイズなどは、それなりに出るが、富士フィルムらしい発色とホワイトバランスの優秀さから、プリントにもそれなりに耐えるレベルになっている。