FinePix6800Z(FUJIFILM)

発売 2001/03
撮像素子 1/1.7型 330万画素スーパーCCDハニカム 原色フィルター
レンズ 36〜108mm相当 F2.8〜4.5
記憶媒体 スマートメディア(付属無し)
インターフェース USB(リムーバブルメディア方式),AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 2型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 2832×2128
2048×1536
1280×960
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
20cm(マクロ)
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 80×36.3×97.5mm
重量 258g(本体のみ) 300g(電池、メディア込み)
付属品 ピクチャークレードル、リチウムイオンバッテリー、
専用A/Vケーブル、ACパワーアダプター、専用USBケーブル、
CD−ROM、使用説明書、保証書、ハンドストラップ
価格 128,000円

○高感度、高ダイナミックレンジの第2世代「スーパーCCDハニカム」搭載
○ポルシェデザインの縦型ボディ
○160秒までの音声付き動画も撮れる
○最長1時間までのボイスレコーディング機能
○起動2秒、撮影間隔1秒と、軽快
○クレードル(ドッキングステーション)に載せるだけで、パソコンへの転送・充電が可能

 「700」以来、毎春恒例の縦型デザインのFinePixの第5弾。始めてスーパーCCDハニカムを採用したFinePix4700Zと同じ、1/1/1.7型のCCDを採用しながら、画素数を240万から330万に上げてきた。CCDサイズの微細化は気になるところだが、他メーカの去年の主力モデル1/1.8型の300万画素CCDと同程度であり、特に問題はない。ただ、そのためか、ISO200〜800だった感度が100〜400に落ちたのは残念。
 最高の600万画素モードは、ファイルサイズも大きくて使いにくそうだが、実画素数と同じ300万画素モードを使えば、画質面では期待できそう。(デフォルトでは130万画素モードに設定されているのも面白い)
 パソコンへの転送と充電が出来るドッキングステーションは、面白いアイデア。

 ポルシェデザインのボディは、シンプルなのは別にしてグリップが悪そうだが、実際に持った感じは、それ程持ちにくくなく、さすがと思わせる。