戻る

FinePix F610(FUJIFILM)

発売 2004/01
撮像素子 1/1.7型 630万画素スーパーCCDハニカムHR 原色フィルター
レンズ 35〜105mm相当(7.7〜23.1mm) F2.8〜4.9
記憶媒体 xD-ピクチャーカード(16MB付属)
インターフェース USB、AV端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型CGシリコンTFT
記録画素数 4048×3040
2848×2136
2016×1512
1600×1200
1280×960
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
9cm(マクロ)
電源 専用リチウム充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 71.9×93.0×31.3mm
重量 195g(本体のみ) 215g(電池、メディア込み)
付属品 16MB xD-ピクチャーカード、充電式リチウムイオンバッテリー(1個)、
ACパワーアダプター、専用A/Vケーブル(1本)、専用USBケーブル(1本)、
ストラップ(1本)、CD-ROM、使用説明書(一式)、保証書(一式)
価格 オープン(実売約60,0000円)

○標準感度IS0160を実現、800までの高感度撮影も可能
○“デュアル液晶モニター”搭載
○親指の届く範囲にボタンを配置した”マルチファンクショングリップ“
○最短約1.3秒の高速起動、最短約1.1秒の撮影間隔
○狙った被写体に自動的にピントを合わせ続ける「コンティニュアスAF」
○画面上の49ポイントからオートフォーカスポイントを自由に選択できる「エリア選択AF」
○9cmまで寄れる「マクロ撮影機能」搭載

 「700」以来、伝統の縦型デジカメ。「コンパクトデジタルカメラで最高」の600万画素CCDを搭載し、補間処理によって4,048×3,040ドットの1,230万画素の画像を記録可能となった。

 しかし、このタイプのカメラに1200万画素は言うまでもなく600万画素までの画素数が必要なのか?


レビュー(WPC ARENA)
-デュアル液晶パネル搭載の縦型コンパクト機
-画像処理により1230万画素相当の解像度を実現
-操作部分を一新した縦型FinePixの最新モデル
-2つの液晶パネルで多くの情報をスッキリ表示
-画像は不自然な色の鮮やかさがなくなった

レビュー(ITmedia PCUpdate)
-手のひらに12.3メガ-縦型コンパクト
-初心者にもプロにも便利な「広めに撮ってトリミング」
-やはり縦型は“使いづらい”?

レビュー(Vwalker.com)
-マニュアル機能を満載したアルミニウム合金製の縦型モデル
-「スーパーCCDハニカム」が生み出す鮮やかでメリハリのある色
-青いバックライト付きの 文字表示液晶パネルを搭載
○種類の発色を選べるフォトモード
×液晶モニターの視野角が狭い