戻る

FinePix A310(FUJIFILM)

発売 2003/04
撮像素子 1/2.7型 310万画素 原色系 CCD
レンズ 38〜114mm相当(5.7〜17.1mm) F2.8〜4.8
記憶媒体 xD-Picture Card(16MB付属)
インターフェース USB、ビデオ出力
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.5型アモルファスシリコンTFTカラー
記録画素数 2816×2120
2048×1536
1280×960
640×480
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
10cm(マクロ)
電源 単3×2
サイズ(W×H×D) 97.0×63.9×33.0mm
重量 155g(本体のみ) 210g(電池、メディア込み)
付属品 xD-Picture Card 16MB、単3形アルカリ乾電池2本
ストラップ、専用USBケーブル、CD-ROM、ビデオケーブル、
使用説明書、保証書
価格 オープン価格(実売約35,000円)

○小型軽量の3倍ズーム機
○ISO200〜800の高感度設定

 超小型メディアxD-Picture Cardを採用した小型軽量の300万画素3倍ズーム機FinePix A303の後継機。撮像素子をノイズの少ないクリアな高画質を実現」したと言う「スーパーCCDハニカムIV HR」に変更している。富士フイルムのラインナップの中では、普及機に位置し、かの名機FinePix1500のデザイナーが手がけたモデルでもある。

 常時携帯するサブ機として使うには最適と言える。


レビュー(WPC ARENA)
-300万画素機ながら600万画素相当の解像度を実現
-フィルムカメラからの乗り換えに最適な低価格機
-人気のシーンプログラムモードを搭載
-画像は柔らかでひとクラス上の解像感を持つ

レビュー(ASCII24)
-第4世代のハニカムCCDを搭載した実売3万円台の低価格機
○出力600万画素のスーパーCCDハニカムHRを搭載していながら、安価な値段設定
○コストパフォーマンスはこの製品がベスト
×液晶画面の品質が悪いためか、表示が粗い

戻る