戻る

FinePix F700(FUJIFILM)

発売 2003/09
撮像素子 1/1.7型 620万画素 原色系 CCD(画素:310万画素 R画素:310万画素)
レンズ 35〜105mm相当(7.7〜23.1mm) F2.8〜4.9
記憶媒体 xD-Picture Card(16MB付属)
インターフェース USB、ビデオ出力
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型CGシリコンTFTカラー
記録画素数 2832×2128
2048×1536
1600×1200
1280×960
最短撮影距離 60cm(ノーマル)
9cm(マクロ)
電源 専用リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×H×D) 108×54×28mm
重量 170g(本体のみ) 190g(電池、メディア込み)
付属品 16MB xD-Picture Card  ・充電式リチウムイオンバッテリーNP-40 1個
ACパワーアダプターAC-5VW ・ストラップ ・ F700専用USBケーブル
F700専用A/Vケーブル・CD-ROM ・使用説明書  ・保証書
価格 74,800円

○薄型軽量コンパクトボディ
○ 「スーパーCCDハニカムIV SR」搭載により、高画質・高感度(ISO1600まで)を実現
○ダイナミックレンジを4倍に拡大し明暗差に強いなめらかな高画質
○最高速時1/2000秒のシャッタースピード
○ボタンひとつで、簡単に記録画素数・感度・色調の設定が可能
○銀塩フィルムを連想させるカラーモード
○暗所でピントが合いやすいAF補助光
○マニュアル撮影機能が充実
○両手でホールドできる横長デザイン
○高速な1.2秒の撮影起動時間
○CCD-RAWモード搭載

 これまでの縦型ボディとうってかわってキヤノンのPowerShot S40シリーズを連想させる横長ボディに、大小2種類の画素を交互に配置し、解像度と感度を両立させた「スーパーCCDハニカムIV SR」を搭載。


レビュー(ZDNet PCUpdate)
-銀塩”譲りのダイナミックレンジ--新ハニカム“SR”
-画質重視”のスーパーCCDハニカムSR
-売り”は、やはり「ダイナミックレンジの広さ」
-マクロ撮影の使い勝手は良くない
-曇天での撮影はやや苦手な印象
-AFの測距ポイントも多く強力なマニュアル撮影機能を装備
-撮影機能はハイエンド機並み
-沈胴式のズームレンズはかなり前に飛び出すが、起動時間自体は高速

レビュー(MYCOM PC WEB)
-広ダイナミックレンジを実現した横長コンパクト機
-独自開発の新型CCDを搭載
-安定感のあるセンターレンズボディ
-多彩なフォーカスモードを搭載
-多機能だが操作性には課題も
-広ダイナミックレンジの魅力

戻る