戻る

FinePix S2 Pro(FUJIFILM)

発売 2002/06
撮像素子 23.0×15.0mm(APS Cタイプ相当)617万画素原色系スーパーCCDハニカム
レンズ ニコンFマウントレンズ群(焦点距離1.5倍換算)
記憶媒体 スマートメディア(付属無し)+コンパクトフラッシュ Type2
インターフェース USB(マスストレージクラス対応)、IEEE1394、ビデオ端子
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 4256×2848
3024×2016
2304×1536
1440×960
最短撮影距離 レンズに依存
電源 単3×4 + 3Vリチウム×2
サイズ(W×H×D) 141.5×131.0×79.5mm
重量 790g(本体のみ)
付属品 リチウム電池 CR123A 2本、単3形アルカリ乾電池4本 、
ストラップ1本、ビデオケーブル1本 、アクセサリーシューカバー1個、
ボディキャップ1個、LCDカバー1個、アイピースキャップ 1個、
IEEE1394ケーブル 1本 、専用USBケーブル 1本、
CD-ROM(画像ビュアーソフト:FinePixViewer/RAWファイル展開ソフト
:RAW FILE CONVERTER LE/レタッチソフト:
Adobe(R) Photoshop(R) Elements)、使用説明書1部、保証書1部
価格 310,000円

○高感度で色再現性に優れた第3世代の「スーパーCCDハニカムIII」搭載
○ISO1600までの高感度撮影が可能
○AF-S、AF-VRを含む全てのD・Gタイプのニッコールレンズが使用可能
○12bitRAWモードでの撮影が可能

 ニコンの中級機F80をベースに、富士フィルム独自の「スーパーCCDハニカム」を搭載したデジタル一眼レフ。

 前モデルのFinePix S1 Proにくらべて、ボディが新しく中級機になったため、使用レンズの制限が少なくなり、ボディの性能も上がった。D1シリーズのサブ機としても使えそう。


[レビュー:WPC ARENA]

戻る