戻る

IDC-1000Z(SANYO)

発売 2000/12
撮像素子 1/2型 150万画素 原色フィルター CCD
レンズ 38〜114mm相当 F2.4〜4.4
記憶媒体 iD PHOTOディスク 730MB(1枚付属)
USB 有り(リムーバブルディスク方式)
光学ファインダー 有り
液晶モニター 1.8型低温ポリシリコンTFT
記録画素数 1,360×1,024
1,024×768
640×480
最短撮影距離 20cm(ノーマル)
3cm(マクロ)
電源 リチウムイオン充電池(付属)
サイズ(W×D×H) 92.8×139.3×88.3mm
重量 525g(本体のみ)
付属品 「iD PHOTO」ディスク、リチウムイオン電池、専用充電器、リモコン、
リチウムボタン電池、レンズカバー、ネックストラップ、グリップベルト、
AV接続ケーブル
価格 160,000円

○730MBの光磁気ディスク「iD PHOTO」採用
○静止画11000枚、動画2時間撮影可能(最大)
○640×480ドットで30フレーム/秒の音声付き動画が撮れる
○レンズ前3cmまで寄れるマクロ機能
×やや持たない専用充電池

 デジカメの新しい記録媒体として期待されている、730MBの光磁気ディスク「iD PHOTO」採用デジカメの第1弾。静止画なら最高画質でも1000〜2000枚の撮影が可能。メディア単価は約3500円。もう少し軽量なら言うこと無いが、パソコン無しでもそれなりに使えるデジカメとして、周辺機器の整備を期待したい。

 画質面では、画素サイズの大きい1/2型の150万画素CCDを使っていることから、ノイズも少なく色抜けが良い優秀なもの。